リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

夏の暑い就活の服装は?半袖シャツや上着着ないはあり?

【スポンサードリンク】

夏になると就職活動の服装にも一段と工夫がいるようになってきます。春でも結構暑い日は暑いと思うのですが、6月から7月くらいになると、特に暑さはヤバイですよね。このあたりの時期は繰り下げになった就職活動の今、内定が結構始める時期じゃないか?と思います。多くの就活生が街中を歩いている光景が目に付くと思います。それだけ大変な時期ですよ。ただ、この暑い中でも就活生はずっとスーツを着続けないといけないのか?そういう悩みを抱えている人も多そうですね。実際、この暑さだと、いい加減に上着くらいは脱がせてくれよと思っている人も多いでしょう。街を歩いているときには、上着は脱いで良いと良いです。誰も見てませんから。ただ、上着を家から脱いでいくというのは、あまりオススメできないかもしれないのです。できるだけ持って行くようにはしてほしいと思います。脱いでも良いですけど。

 

家に置いていくのではなくて、一応持って行くが着ないというパターンが良いと思います。そして、会社のオフィスに入る直前に着るというのが、タイミングとしては1番良いでしょう。これが1番リスクの少ない着こなし方だと思います。リスクというのは、熱中症になるリスクと企業側の評価が下がるかもしれないリスクです。この2つを1番下げられるのはジャケットを持っては行くけど、着ないというパターンです。実際、ジャケットを着てないで例えば、説明会に出たり、面接を受けるとマイナス評価になるのか?については、企業によると思います。社会人でも、この時期にはジャケット着ないでワイシャツのみと言う人もいます。中にはネクタイもしていない人もいます。それは会社から多分指示が出ていると思うのです。だから、そういう格好ができている面もあると思います。今はそういうクールビズのような格好を認めている企業も多いので、社会人が良いならば、就活生もジャケットくらいで良いだろうと思いますけどね。

 

特に面接はともかくとして、会社説明会はそんなに1人ずつ目を光らせている余裕もないので、別に暑い時期にジャケットを着ていない学生がいても、いちいちチェックはできません。それにそういう学生はそこそこいるんじゃないか?と思いますよ。ただ、面接の場合は1人1人チェックされるので、なかなかその勇気はないかもしれませんね。クールビズで来てくれて構わないという指示があらかじめあったときには、その格好で良いと思います。上着着ないで、ネクタイもしないで、半袖シャツで良いんじゃないか?と思います。ただ、ほとんど企業は特に指示を出さないと思うのです。指示を出さないと、どこまでの格好を許しているのか?というのが分かりませんから、就活生としても悩むんですよね。実際、どこまでOKか?と言われるとなんとも言えませんよね。個人的な主観で言うならば、ジャケット着ないのはOKだが、ネクタイはした方が良いかな?と思います。シャツは半袖でもまあ良いかな?と思います。

 

これは私の価値観というか、判断基準ですから、他の企業がどう考えているか?というのは、ちょっと分かりませんね。なかなか難しいです。長袖ワイシャツ、ジャケット着用、ネクタイも着用という、完全なるスーツスタイルじゃないとダメだと考えている企業はほとんどないとは思いますが、逆にクールビズのようなラフな格好で良いと考えている企業も少なそうです。これは両極端なんです。企業によって考え方は違いますし、あらかじめ指定がない限りは、どこまでの格好がOKか?というのは分かりません。そうなると、就活生としてはできるだけリスクをとりたくないと思うので、さっき言った格好が良いかな?と思うんですよね。家からは長袖シャツにネクタイを付けて、ジャケットは着ないで手に持って行く。そして、会社のオフィスに入る前に着用する。これが暑さをできるだけ凌いで、かつ服装によって評価に影響を与えない1番の方法になるのではないか?と思います。

 

半袖のシャツとか、ノーネクタイの格好はダメなわけじゃないと思うんです。ただ、どの企業がOKで、どの企業がダメか?というのがやはり見分けがつかないというのがあるので、その企業にも対応していくためには、こういう格好をしていくしかないと思うのです。暑いのは暑いですけどね。正直言うと、ジャケットを脱いだり、シャツを半袖にしたりしても、外にいれば暑いのは変わらないですけどね。冷却スプレーなどを持参して、身体を冷やしたり、冷たい飲み物を飲んだり、後は定期的に涼しい場所に行って、涼んだりしながら、服装以外のところでいかに暑さを凌ぐか?ということを考えた方が良いのかもしれませんね。夏は本当に就職活動は大変だと思いますけど、暑さに負けないように、気をつけながら頑張っていきましょう!

 

 就職活動中の方々に最後に1つアドバイスをしておきたいのは、就職活動にて使っているナビサイトの重要性についてです。就職活動を行うにあたって、ナビサイトの選び方というのは、本当に重要な意味を持ってきます。どういったサイトを選ぶか?で内定のとりやすさも変わりますから。特にポイントとして挙げられるのは他の就活生と競合しないナビサイトを選ぶということです。競合しないというのは、他の人たちがあまり使っていないサイトを使うと良いのです。なぜ、それが良いのか?というと、多くが使っているサイトは利用者がたくさんいるわけですから、その利用者がそれぞれ好きなようにエントリーをしていくと、そのサイトに求人がある企業に対して膨大なエントリーが届くはずです。その結果、倍率が上昇しますから、内定が取りづらくなるということです。一方、競合しない、あまり多くの就活生が使っていないサイトは、利用者が少ないということで、そのサイトに求人を載せている企業に対してのエントリーの数は自然と少なくなります。そうなれば倍率が上がりづらいので、内定が少しでもとりやすくなるのではないでしょうか?そういうポイントを見極めることが必要になります。

 

そこで、やや知名度は劣るかもしれませんけど、ちょっと面白いナビサイトがあって、それが「キミスカ」になります。ここは従来の学生が企業を検索して、エントリーをして受けていくタイプのサイトとはまるで違うところに特徴があります。このキミスカは学生が企業を選ぶのではなく、企業が学生を選ぶのです。そのうえで欲しい学生にスカウトを送って、うちを受けてみないか?と誘いがきます。この場合、一次選考や二次選考をパスすることができる場合もあります。従来は学生が企業を検索してから、応募して選考を受けていきます。このやり方だと企業が選考を通じて学生に関心を寄せるか?は分かりません。学生の方は入りたい気持ちで一杯だが、企業は無関心かもしれないのです。しかし、キミスカでスカウトが来れば、それは企業がその学生に関心を寄せている根拠になるので、その時点で従来と比べても内定への確率が大分高いと言えるでしょう。興味がなければスカウトは送ってきませんから。スカウトを上手く活用できれば、単純に内定の確率が上がるかもしれないのです。スカウトはいろいろな企業や業界から届く可能性があるので、自分が興味なかった企業や業界が自分の意外なところに適性を見出してくれていると分かり、スカウトを通じて就職活動の視野が広くなるなどのメリットもあるのではないでしょうか?スカウトを獲得するコツはキミスカのサイト内などに載っているので、そういったものを参考にすると良いでしょう。ちなみに、このキミスカは今使っている別のサイトがあれば、それを使いながらでも利用可能でしょう。今使っているナビサイトがあれば、そこを使いながらこのキミスカも使っていくことができると思います。普段は今まで通りのナビサイトを使いながら、キミスカでスカウトが着たときだけで返信をしていけば良いので、併用がしやすいということになると思います。はっきり言って有名なナビサイトを使いながら、企業を探して、エントリーをして、選考を受けていきながら、キミスカでスカウトを獲得して、有利な条件の中で選考を受けていくというやり方を組み合わせると、内定がもらえる確率は上がるかもしれません。Facebookアカウントかメールアドレスがあれば無料で登録できるので、良かったら参考にしてみてください。

 

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

あわせて読みたい記事