リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

法政大学社会学部の難易度や入試科目、そして評判についての詳細

【スポンサードリンク】

法政大学には非常に多くの学部があり、いろいろなことが学べる環境が揃っています。その中でどの学部を選んで受験をするか?というのも1つポイントになってくるでしょう。大きく分けると法政大学は市ヶ谷キャンパスと多摩キャンパスがあります。市ヶ谷キャンパスは東京都千代田区で、多摩キャンパスは神奈川県の相模原市に近いです。一般的には市ヶ谷キャンパスがメインで、多摩キャンパスはあまり人気がありません。周囲が田舎のような雰囲気だからでしょうか?この多摩キャンパスでは文系の学部のうち、一部が授業を受けています。その中には社会学部があります。法政大学社会学部は、偏差値で言えば57~58くらいでしょうか?マーチの中では低い方になると思いますし、法政大学の中では真ん中くらいになるかと思います。社会学部がある大学はそこまで多くないです。有名なところだと立教大学明治学院大学などでしょうか?だから、結構貴重な大学になります。

 

この法政大学社会学部は偏差値だと50後半くらいなので、そこまで高くはありませんが、でも、簡単に受かるレベルではないですね。ちなみにこの法政大学社会学部のセンター利用入試のボーダーを見てみると、社会政策学科がだいたい8割ちょうどくらいで、社会学科とメディア社会学科が80%強くらいです。つまり、82か83%くらいになると思います。社会政策学科は3教科と4教科両方ありますが、どちらも同じくらいのセンター利用のボーダーみたいです。法政大学社会学部のセンター利用のボーダーは想定の範囲内だと思います。法政大学なので、やはり8割は最低必要になるわけです。この得点率はそう簡単にはとれないと思いますが、MARCHの上位学部を目指す受験生や早慶上智を本命にしている受験生はこのあたりのセンター利用で合格が狙えるのでしょうか。法政大学社会学部は、センター利用入試以外でもT日程とA方式があります。T日程は全学部入試で、2教科で受けられます。英語が必須で、国語と数学から1科目選択になります。選択科目を受けなくて良いので、日本史、世界史、政治経済、入り、数学などが苦手な方にとっては、このT日程はおすすめです。英語と国語で勝負できる人におすすめなのがこのT日程になります。

 

そして、A方式は英語、国語、地歴公民数学から1科目を選んで受ける3科目型の試験になります。センター利用入試以外では、この2つのどちらか、または両方で受けることになりますから、最低でも1つは受けるということは、どちらかは最低選択するので、自分にとって有利なのはどちらか?考えましょう。英語と国語がある程度長けている場合、3科目の中で選択科目が1番苦手な場合にはT日程はおすすめです。しかし、3科目の中で英語か国語が1番苦手な場合、または選択科目が割と得意な場合には、A方式で受けた方が良いでしょう。どっちを選んでもそれなりには難しいはずなので、自分の得意科目、苦手科目に応じて決めると良いと思います。法政大学社会学部は受験方式と入試科目はこういった形ですが、やはり難易度はそれなりに高いと思います。法政大学社会学部は先ほど紹介したように3つの学科があります。どれが1番難しいか?というと、そこまでは変わらないと思いますけど、強いて言うならば社会学科になるかもしれません。恐らく社会学部の中で1番広く学べる学科だと思うので、それだけ人気があるのでしょう。社会政策学科とメディア社会学科は、ある程度ピンポイントで学ぶ範囲が限定されている可能性もありますから。

 

法政大学社会学部の倍率は社会学科が1番高く、5~7倍程度ありますが、メディア社会学科と社会政策学科は4~5倍程度です。それでも低くはないです。法政大学社会学部は、冒頭でも書いた通り、多摩キャンパスなので、どうしても相対的にあまり選ばれづらいという側面もありますが、それでも法政大学には変わりないので、受験生も多くいるのです。したがって、法政大学社会学部の倍率はそれなりには高いので、簡単には受からないことは知っておきましょう。ちなみに法政大学社会学部の合格最低点は、T日程もA方式もどちらも6割前後になっていますが、社会学科のA方式だけはやや高い可能性があります。また、今後入試問題の傾向や難易度が変わって、それによって合格最低点も代変わる可能性があるので注意してください。法政大学社会学部は偏差値もそこそこですが、難易度もそれなりだと思って、しっかり勉強していきましょう。

 

では、法政大学社会学部ではどういったことを学ぶのでしょうか?評判はどうなっているのでしょうか?法政大学社会学部では、広く社会学について学んでいきますが、学科に関係なく共通の授業もとれたりするので、どの学科に入ってもある程度同じような勉強をする面もあるということですね。有名な教授が授業をやってくれることも多く、社会について広く学べます。結構身近な話題が多いので、社会学全般について興味の持てえる授業が多くあり、面白い授業に当たると楽しく勉強できるのではないでしょうか?法政大学社会学部では、そういった評判がありますね。法政大学社会学部は社会学以外の授業も広く学ぶ機会がありますが、特にメディア社会学科については、日本のあらゆるメディアについての真実、現実を思い知る講義が多いみたいで、メディアに対する見方が変わる可能性もあります。法政大学社会学部は難易度はそれなりに高いので、入りたい方、受かりたい方はセンター利用、T日程、A方式どれを受けるか?決めながら、しっかりと勉強をしていきましょう。

 

あわせて読みたい記事