リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

システム英単語のレベル、難易度は難関大学でも対応可能!評判も良いが覚えられないという口コミも

【スポンサードリンク】

大学受験に必要な英単語帳って、どれを使っていますか?またはこれから使おうと、選ぼうとしている人もいるかもしれません。英単語帳1つで大学受験の運命が決まるかもしれませんが、正直どれを使ってもそんなに変わらないのでは?と個人的には思います。受験生の中で1つ有名な英単語帳というと、システム英単語でしょうか。これは有名ですよね。私も使っていました。システム英単語はレベルで言うと早慶上MARCH、関関同立日東駒専など、難関大学、中堅大学あたりで十分対応ができます。受験で頻出の基礎的な単語から、頻出ではないが知っているといざというときに役立つ単語まで、レベル別、頻出度別に載っているのが特徴です。1ページ目に載っている単語が1番出やすいといった感じですね。システム英単語自体は使いやすいと思いますよ。文法の勉強も一緒にできますからね。

 

各単語のところには日本語の意味だけじゃなくて、派生語や文法としての使い方、例えば「abroad(外国へ)」という単語ならば、go to abroadではなく、go abroadになるとかね。そういう細かい知識がどこからしらで出る可能性はあるので、知っておくと良いと思います。abroadは副詞なので、toの意味を含んでいるみたいなのは結構有名な問題です。そういった知識を1つ1つの単語ごとに、特に動詞ですね。動詞に関しては細かい勉強も一緒に出来るので、それが1つのメリットかな?と思います。ただ、1つの単語に関して情報量が多いということは、なかなか先に進まないということでもあり、1周するのも結構時間がかかるということですから、それはデメリットとも言えるかもしれません。でも、個人的には情報量が少ないよりは、多いほうが好きですけどね。システム英単語は何か特別な特徴があるというわけではないが、載っている単語の数やレベルなどがちょうど良いということが言えると思います。システム英単語は評判はかなり良いと思いますよ。Amazonとかのレビューを見れば分かるかもしれませんけど。

 

誰にとっても合うというわけではないけど、それはどの単語帳にも言えると思います。有名なものは他にもいくつかあるんですけど、その中の1つとしておすすめはできるかな?という感じです。私は英語自体はそこまで得意なわけではなかったですが、語彙力は相当ついたと思います。単語と熟語に関しては。全体的に英語の勉強時間がそんなに多くなかったので、もっとやっていれば良かったなとは思うものの、システム英単語はよく使っていたので、本当にマニアックな単語まで未だに覚えています。どれを使ってもらってもそんなに差は生まれづらいんじゃないかな?と思います。システム英単語の後半の単語は難易度はかなり高いので、やらなくても良いかもしれないです。特に中堅大学を受ける場合には全部はやらないで、3分に2くらいまでやるとかでも良いかもしれないのです。そこは受ける大学のレベル次第ですね。システム英単語早慶上智やMARCH、関関同立レベルを受けるならば最後までやってもらいたいですね。システム英単語1つで難関大学は可能だと思います。

 

可能というのは、分からない単語が出てこないわけではないです。分からない単語はどんな単語帳を使っても絶対に出てきます。それが不利にならないってことです。本番の入試の英語で分からない単語は誰にでも出てきますが、システム英単語を完璧にしたうえで出てくる分からない単語は多くの受験生にとって分からないものだと思うので、それが分からないことはみんな同じという意味で不利にはならない。逆にシステム英単語が疎かだと、他のみんなは分かるのに自分が分からない単語が多く出てきてしまう可能性もあります。だから、システム英単語早慶上智、マーチ、関関同立の大学は可能ですが、ちゃんと完璧に近い状態までやることです。何周もしてほしいと思います。システム英単語はそれこそ東大や京大などの旧帝大、早稲田、慶應、上智、青山学院、立教、同志社などの英語が有名な、または難しいとされている大学でも全然通用すると思いますね。システム英単語の載っている単語のレベルは基礎から難易度の高いものまで本当に網羅していますから、これ一冊でかなり語彙力は強化できると思いますよ。システム英単語は英単語帳の中では評判も高い方ですから、これから選ぶという方は1つ参考にしてもらいたいですが、できれば本屋さんで直接手にとって見てからにしてほしいと思います。

 

しかし、システム英単語は覚えられないという口コミも一部あるようです。それは先ほど言ったように、情報量が割と多いことも関係しているかもしれません。英単語が覚えられないというのはよくあることです。どれを使っても覚えづらいものはありますから、システム英単語も万能ではないということを踏まえると、覚えにくい人がいてもしょうがない気もします。システム英単語以外でも覚えられないケースはあるでしょうから。それは覚え方の問題や単語帳が合っていない可能性もありますから、別のシンプルなものを使ってみるということも手としてはあるでしょう。どっちにしろ、システム英単語でも、それ以外でも、1度手にとって中身がどうなっているか?自分に合っていそうか?は見た方が良いと思います。システム英単語はレベルは難関大学、国立大学でも太刀打ち可能でしょう。評判も良いですが、合う人と合わない人がいるはずですから、システム英単語は難易度や中身のレイアウト、自分の志望大学を考慮しながらも、まずは見てから、使うか?どうか決めましょう。でも、システム英単語はおすすめです。

 

あわせて読みたい記事