リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

センター試験の国語のレベルや難易度で8割とる解き方のコツは漢文で満点をとること

【スポンサードリンク】

センター試験の国語って、どうしても解く点が安定しないという人が多いと思います。確かに、センター試験の中でも一際やっかいな科目でもあると思います。センターの国語は、まず時間が足りないということをよく聞きます。現代文を2題、古文と漢文を解くと、フルで時間を使っても解き終わらないということがあるからです。センター国語は難化すると制限時間内に間に合わない人が毎年多く出ていると思います。実際にそれを経験している人は多くいると思いますが、センター試験の国語はイマイチ点数が安定しないということがあるのです。したがって、センター試験の国語で9割とかいうのは、かなり厳しいです。勘でマークしたやつがことごとく当たるとかじゃないと、多くの受験生にとっては、9割以上とるのは至難の業になると思います。でも、センター試験の国語で8割はまだ可能かと思います。東大に受かるような人でも、8割台の人、160~179点までの人はいますから、東大に受かるような人でも9割は厳しいが、8割はなんとかって人もいるわけですよね。

 

したがって、センターの国語で8割をとるのは頑張れば可能かもしれません。でも、すでに話したようにセンター国語は本当に安定しないのが特徴ですから、その中で点数を伸ばしていくのは、あるポイントを理解しておきましょう。それは漢文です。センター国語で8割以上の高得点をとるには漢文が1つポイントになります。この漢文を得点源にできれば、道が開かれるということです。それは何故か?というと、センター試験の国語は安定しないものの、その中で1番安定して得点しやすいのが漢文と言われています。漢文が難しい年度ってほとんどないと思うんです。現代文や古文が難しい年はありますけど、漢文が難易度が相当高いっていう年はあまり聞きません。そうなれば、センター試験の国語での漢文は高確率で難易度が上がりづらいです。漢文はどれだけの受験生がやっているか?分かりませんが、1番点数のとりやすい科目とも言われているので、国語の中では、まずは漢文を完璧にして、50点満点近くをとれるようにすると、国語の点数が安定しますし、センター試験の国語の解き方のコツとしては1番の方法になると思います。

 

センター試験の国語は、まずは漢文を得点源にすることで、その後に古文や現代文も少しでも点数が上がるように勉強していくと良いかもしれません。でも、漢文をそもそも解かないって人もいますよね。国公立大学の受験生は漢文まで多分必須になっていると思いますけど、私立文系のセンター利用の場合には漢文は受けなくて良いとか、場合によっては古文も受けなくて良いので、漢文をそもそもやらないって人もいると思います。そういう人は漢文を受けないわけですから、漢文を得点源にすることはできなくなります。でも、センター試験が時間が足りない、解き終わらないという悩みは1つ解決します。実際問題、センター試験の国語で8割をとろうと思ったら、時間配分は相当大切です。多くが満足に解き終わらないので、時間配分を上手くコントロールすることが、センター国語で高得点をとるために必要な要素になります。逆にセンター試験の国語で漢文がいらない場合には、解かなくても良い場合は、それによって時間に余裕が生まれれば、それだけ点数も伸びやすいですから、センター試験の国語で8割をとれる可能性も高くなると思います。1問にじっくりと時間を使えるので。ただし古文もいらない、現代文のみの場合は状況が違うかもしれません。

 

センター国語で8割をとるための解き方のコツは、まずは漢文を得点源にすることですが、それが無理な場合には、現代文と古文で時間をできるだけ使いながら8割以上をとっていくしかありません。現代文だけの場合には、さらに時間を使えますけど、現代文って80分目一杯使ったからといって、得点率が上がるとも言い難いのです。古文、漢文まで解いて、80分ギリギリで終わるよりは、余裕ある方が良いですけど、現代文だけに80分使えれば、確かに余裕はあるが、考えても考えても分からない問題、絞れない問題もありますから。そうなると解ける問題が少なくなりますから、1問のミスがかなり響きます。そうなると、意外と現代文だけっていうのは8割難しいと思います。時間に余裕があっても、現代文が1番難しい問題になるケースも多々あると思うので。古文と漢文を含めて、時間がギリギリでも解くというのが、1番最高点をとりやすいかもしれないのです。これは受験生のタイプや得意科目、苦手科目にもよりますけど。以上のようなポイントが、センター試験の国語で8割を解くコツになると思います。センター試験の国語で8割以上とるためには漢文で満点近くをとることが1つキーになるというのと、古文や漢文を解かない人は逆にセンター国語で8割をとるのは難しくなるということです。

 

多くの人はセンター試験の国語って解く順番はどうしたら良いの?と思っているかもしれません。これはどこから解いてもあまり関係ないと思います。強いて言うならば、評論、小説、古文、漢文の中で易しいものから解いて、難しいものは後回しが良いと思いますが、どれが簡単か?難しいか?なんてその場で解き始める前には分かりません。解いてみて初めて分かることですから。基本的にはセンター試験の国語のレベル、難易度は大東亜帝国以上、日東駒専未満くらいじゃないか?と思いますけど、中にはそれを越えて難しい問題もあります。センター試験の国語のレベルとは思えない難問、非常に答えに悩む問題も出たりします。

 

あわせて読みたい記事