リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

内定式や内定者懇親会のお知らせや案内状はいつ届く?通知が来ない場合のリミットは?

【スポンサードリンク】

毎年10月くらいになると、内定式が行われます。その時期になると、就活生は内定した企業からの案内を待つということになると思うのです。しかし、内定式の案内というのは必ずくるとは言えないと思います。内定式をそもそも実施することが確実とは言えない可能性があるからです。そのため、内定式をやるのか?どうかをまず企業に確かめないといけないのではないでしょうか?そのうえで内定式をやるということが確定ならば、あとはいつ案内や通知がくるか?という問題のみになります。案内や通知がいつくるか?というのは、はっきり言ってそれぞれの企業ごとに違いますけど、10月に実施するということが確定ならば、出欠をとらないといけないので、1ヶ月前くらいには内定式の通知やお知らせを発送すると思います。10月1日に実施ならば、内定式の案内状や通知はいつ届くのか?というと、だいたい9月過ぎくらいには届くのが一般的な気がします。ただ、これより遅いという可能性もあるとは思います。ギリギリの場合には9月の半ばとか、そういった可能性もないわけではありません。

 

したがって、内定式のお知らせや案内状が来ないときにはとりあえず待ってみるという方法があります。でも、待てる期限というものがあるはずです。内定式や内定者懇親会の開催日が10月1日くらいだとすると、さすがにその2週間くらい前には案内状を届けていないと不自然です。内定者懇親会の当日の2週間くらい前までに案内状やお知らせが来ないとなれば、それはちょっと遅いな感じると思います。これは一般的な感覚として。したがって、内定式の案内状やお知らせを発送する時期というのはいつなのか?というところは企業によって違いますけど、リミットとしては10月1日の2週間くらい前までだと思います。この時期に内定式の案内状やお知らせが来ないとなれば、内定式をやらないという場合を除いては、何らかのアクシデントが起きていると考えた方が自然な気がします。したがって、内定者懇親会の案内状やお知らせが来ないケースの対応としては、とりあえず待ってみるというのが最善です。

 

発送する時期がいつか?という問題があるので、内定者懇親会のお知らせをい発送するか?という部分を考慮すると、ちょっと遅いというケースもありえると思うのです。したがって、内定式の開催日と思われる2週間前くらいまでは待ってみると良いです。そのうえで、2週間前くらいになっても内定式のお知らせや案内状が来ないならば、これは連絡をした方が良いです。内定式をやるのに、その時期で案内状や通知が来ないのは何らかのアクシデントが考えられます。その状態でも待っていたら来るかもしれませんけどね。企業がお知らせを発送するのが遅いというケースで、例えば1週間前とかもありえますから。そういった状況を考慮すると、企業によっては対応が違うという可能性もあるので、そこも考慮しておくべきだとは思いますが、アクシデントで届かないのか?そもそもまだ発送してないのか?の区別はできた方が良いので、気になるときには連絡をしておいた方が良いでしょう。内定式は学生が出るべきイベントと思っている企業もあると思いますけど、普通に考えたら絶対に出られる保証はないので、学生の予定の調整などの期間を考えたら、余裕をもって1か月前くらいには知らせてほしいです。でも、最低でも2週間前くらいかな?この時期にはお知らせは届けてもらいたいですね。

 

ただ、内定式の開催日は10月1日というのが定番で、土日のケースでは違う日にちということも考えられますけど、学生にもだいたい察しがつくはずなので、企業も予定がどうのこうのという部分はあまり考えていない可能性があります。したがって、そういう企業の場合には内定者懇親会のお知らせや案内状を届ける時期がいつか?というのは遅くなる可能性があるのです。そういったところまで考えると良いかもしれません。でも、内定式の通知や案内状がいつ届くか?によって、企業がどの程度内定者に対して誠実な対応をするか?というのが読めるので、入社してからの期待度とかも飲酒として生まれると思います。内定式に参加する学生への対応の仕方によって、学生も内定を承諾したり、辞退したりという行動をとることがありますから、企業はそこまで考えておくべきだとは思いますけど、そこまで気が回らないケースや忙しいケースもあるのでしょう。私が学生だったら、内定式の通知や案内状が来ないとか、遅いなーと感じるようなケースでは、そういう会社に入社するのはちょっと不安ですけどね。内定式は参加することが目的というよりは、企業の体質の見極めとしても使える場なので、そこまで考えておくと良いと思います。

 

あわせて読みたい記事