リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

内定辞退で他社について聞かれたら?他社に影響する?嘘の内定先を言うべき?

【スポンサードリンク】

内定辞退をするときには他社のことを聞かれる可能性があります。どうして他社のことを聞くのか?の理由は定かではありませんが、基本的には内定辞退をするときに他社のことを聞かれたらどうするか?というのは迷うかもしれませんけど、答える必要はないです。答えることでメリットはないと思うので。逆に内定辞退をして他社のことを答えて影響があるかもしれませんから、そういったことを踏まえると答えない方が良いと思うのです。他社に影響するというか、内定先ですね。特にそこに影響する可能性があるかもしれないので、嘘の内定先を答えるとかではなくて、そもそも言いたくないで良いと思うのです。内定辞退で社について聞かれたらというのは、内定先のことじゃないか?と思います。やっぱり気になるんじゃないですか?内定辞退をした学生がどこに就職するのか?というのは。

 

でも、そういったことを聞かれるケースは少ない気がします。でも、気かっるかもしれません。だから、聞かれても良いように心の準備はしておくべきだと思いますけど、私ならば他にどこから内定を貰っているか?とか、どこに決めたか?などを聞かれても答えないです。答える義務がないので。あまり考えづらいですけど、内定辞退をして他社に影響が出るようなことはしたくないのです。内定辞退をされるというのは、その企業にとってはよくないことと言えるでしょう。したがって、イメージ的によくないので、その企業が何をするか?分からないのです。他社の名前を聞き出して、悪いうわさを流すんじゃ?みたいなことを想像してしまうので、そういうことをする可能性は低いとは思いますけど、他にどんな理由で、他社のことについて聞かれるのか?というのがあるので、私はそういったことに備えて答えません。他社について嘘も言いません。何も答えないでその場を済ますと思います。こういったことを聞かれると答えてしまう人って多くいると思うのです。どうしても内定辞退をするということを引き目に感じてしまい、他社のことを聞かれたらそれくらい答えるのは良いか。と思って答える人は多くいる気がします。

 

でも、そういった情報を伝えてしまうことで、その後他社との関係や内定先の関係がこじれる可能性もなくはないです。内定辞退をした会社が裏で何をするか?分からないからです。そういう会社は少ないとは思いますけど、内定辞退のトラブルって増えているじゃないですか?会社に呼び出しを喰らって行ったら、カレーをかけられたとか、脅しを受けたとか、いろいろとありますよ。そういったトラブルが発覚して、事例として有名になってしまったので、会社に来いと言われても行かない学生が増えたと思うんですよ。そうなると、会社に呼び出してストレス発散をしようと思っていた人事はその手が使えません。だから、別の方法として内定先を聞き出し、そこにありもしないことを伝えて、内定先のその学生に対する印象を悪くしてやろうと考える人事がもしかしたらいるかもしれない。可能性が0ではないという意味では注意した方が良いと思います。

 

内定辞退は温和に終了するのが良いとは思いますけど、そうもいかない可能性があるのです。内定辞退で嘘の内定先を言って誤魔化すという方法もありますけど、そこまでする必要はないです。内定先を教えないと引き下がらないみたいなケースがあるかもしれませんけど、そういうときには電話を切りますよ。さすがにしつこいと感じるところまでいくと、益々その会社への印象が悪くなるのに、そこまでやってくるということは、その人事も意地になっている可能性があるので、それ以上付き合っても・・・って感じがしてきます。内定辞退で嘘の内定先を言うと、その内定先に何らかの迷惑がかかる可能性があるので、やる必要もないですし、やめておいた方が良いと思います。内定辞退で他社の嘘をつくと、それ自体が別の問題を生むかもしれないので、気を付けてほしいと思います。

 

内定辞退では他社への影響を考慮して、内定辞退に臨まないといけないと思います。内定辞退をする他社や内定先に何らかの影響があるかもしれないので、そこは本当に想定しておいてほしいです。軽くしゃべったことが何に利用されているか?分かりませんから。内定辞退では他社について嘘をつくことも、他社についていろいろと喋ることもやめておいた方が良いと思います。内定辞退をすべて完了するところまでが就職活動だと思うので、そういった意識で就職活動には取り組んでいきましょう。内定辞退は就職活動の中でも本当にトラブルが多い部分でもあるので、気を付けてほしいと思います。

 

あわせて読みたい記事