リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

青山学院大学地球社会共生学部の偏差値や倍率は?評判や合格最低点やボーダーラインなどについて

【スポンサードリンク】

青山学院大学地球社会共生学部というのはここ数年でできた学部になりますが、2017年度の入試ではとんでもない倍率を導き出した学部として有名です。2017年度の入試は私立大学では合格者を意図的に減らした大学が多く、例年よりは倍率が高いケースが続出したのです。青山学院大学地球社会共生学部は以前はMARCHでも穴場の学部とされていた時期もありましたが、その雰囲気は今はそこまでないので注意しましょう。2017年度の青山学院大学地球社会共生学部の倍率はとんでもない数字になっているようですね。青山学院大学地球社会共生学部の偏差値は青学の中ではそこまで高くありません。青山学院大学地球社会共生学部の偏差値は河合塾のランキングを見ると、個別A日程が60.0で、全学部日程が57.5となっています。青山学院大学の偏差値は60.0~62.5くらいの学部が多いですから、入りやすい学部とまでは言えないかもしれませんが、少し難易度は他の学部よりは低いと思います。でも、一般入試の方はそれくらいの難易度だとしても、センター利用入試の方は結構難易度が高いんですよ。というのも、青山学院大学地球社会共生学部のセンター利用入試のボーダーラインというのがかなり高いです。パスナビの数字によると90%となっており、この数字はMARCHの中でもかなり上位ですから、とんでもない難易度だということが分かります。青山学院大学地球社会共生学部に入りたい人は一般入試の方が良いと思います。

 

元々センター利用入試は第1志望の人はあまり受けないので、青山学院大学地球社会共生学部をセンター利用入試で受験する人は早慶上智クラスの受験生であることが多いと思います。だから、どの学部もボーダーラインの得点率は高いです。でも、その中でも青山学院大学地球社会共生学部のボーダーラインは高い数字となっています。他の主要学部でも85~80%台後半くらいが多いのですが、青山学院大学地球社会共生学部のセンター利用のボーダーラインは何割か?というと、90%ほどなのでかなりの難易度となっているのです。ただ、これは青山学院大学地球社会共生学部のセンター利用入試の受験科目が国語は現代文のみというのが理由の1つになっているかもしれません。でも、現代文だけだとしてもそんなにセンター利用入試のボーダーラインが上がるか?というと、そうは思えないのです。別の理由があるかもしれません。青山学院大学地球社会共生学部の偏差値からすると、8割台前半が妥当な気もしますが。でも、この数字は今後変わる可能性があります。9割というのもパスナビの数字ですし、他のデータだと変わる可能性もあります。また、2016年度は9割でしたが、それ以降はまた数字が変わるかもしれないので、青山学院大学地球社会共生学部のセンター利用入試のボーダーラインは安定しない可能性もあると言えるでしょう。まだ変動があるかもしれませんけど、少しでも良い点数がとれるように対策をしていきましょう。

 

青山学院大学地球社会共生学部の受験科目はそんなに特徴的な部分はありませんけど、受験予定の人はホームページで早めに調べておきましょう。青山学院大学地球社会共生学部の一般入試の受験科目でも国語は現代文のみとなっている点に注意です。そして、青山学院大学地球社会共生学部の倍率についてですが、2016年度は全学部日程が2.7倍、個別A方式が5.3倍、個別B方式が2.3倍なので、普通の倍率って感じがすると思います。しかし、それが2017年度は合格者をかなり絞った影響でかなり上昇しているのです。個別A日程が17.0倍、個別B日程が6.9倍、全学部日程が7.0倍なので、個別B日程と全学部日程の倍率もかなり高いですが、募集人数が1番多いはずの個別A日程の青山学院大学地球社会共生学部の倍率は相当ヤバイです。今後も同じような倍率になるとは限りませんが、やはり青山学院大学では穴場の学部だという認識の人が多かった可能性はあります。確かに偏差値はそこまでではないのですが、ここまでの高い倍率になるとは予想しなかったでしょうね。青山学院大学地球社会共生学部の倍率はこういう特徴があるということなのです。ただ、青学の倍率は地球社会共生学部に限った話ではなくて、他の学部でもある程度高くなっているようですから、青学の難易度は年々高くなっている印象です。青山学院大学地球社会共生学部の難易度は以前はMARCHの中でも穴場の学部と言われていましたが、そういう状況とは言えません。MARCHでも最難関の学部になる可能性があります。

 

青山学院大学地球社会共生学部の偏差値はそこまでではありませんが、倍率がここまで高い状況が今後も続くとなれば、見た目の偏差値では測れない難しさがあると言えると思います。決して簡単な学部ではないので、本当に難しい学部だと思った方が良いです。でも、それは青山学院大学地球社会共生学部の評判に関係しているのかもしれません。グローバル関連の内容を一部扱っている学部だと思われますから、そういった趣旨の学部って今かなり人気なんです。法政大学のグローバル教養学部明治大学国際日本学部、立教大学の異文化コミュニケーション学部、学習院大学の国際社会科学部など、青山学院大学と同じようなレベルの大学が最近こういった国際系、グローバル系の学部を設置する機会が多く、かつそれらがいずれも人気というか、入試で高い倍率を記録しているのです。また、偏差値も学内でトップクラスになることも多いです。青学に既に存在している国際政治経済学部も同じだと思いますが、こちらも偏差値は相当高いですし、それと同じ流れで青山学院大学地球社会共生学部の評判も高くなっているために、ここまでの倍率になったのではないか?と予測されます。

 

センター利用入試のボーダーラインはすでに高いということに言及しましたが、一般入試の偏差値に関しても今後上がる可能性もあります。他大学の流れを見ると、青山学院大学地球社会共生学部の偏差値が今後さらに上がっても不思議ではないのです。青山学院大学地球社会共生学部はまだ歴史が浅いので、評判などについても多くないです。卒業生も少ないので、口コミもそこまでないと思いますから。だから、分からない部分も多くあるというところは理解しておかないといけませんが、青山学院大学地球社会共生学部ならではの魅力はあると思います。青山学院大学地球社会共生学部に入りたい人は偏差値が60くらいないと厳しいかもしれません。青学という大学自体がここ数年で本当に伸びてきていますから、相模原キャンパスで4年間を送るとはいえども、青学ブランドは強力なので、青山学院大学地球社会共生学部は簡単な学部ではないですし、穴場の学部とも言えないでしょう。青山学院大学地球社会共生学部の偏差値などの情報も予備校のホームページなどをチェックしてみると良いでしょう。

 

それでは過去の入試結果において、合格最低点についても簡単に紹介していきますが、青山学院大学地球社会共生学部の合格最低点は全学部日程が258/350で、個別A方式が241/350で、個別B方式が120/150となっています。これが2017年度は倍率が一気に上がったみたいなので、青山学院大学地球社会共生学部の合格最低点の数字も一気に上がると思ったほうが良いのかもしれません。穴場の学部から一気に難しい学部になってしまった印象です。実際、2016年度と比べて、2017年度の青山学院大学地球社会共生学部の合格最低点はいずれの入試方式でも数字が上がっています。倍率があれだけ上昇していれば当然かもしれませんが、前年度に比べて倍率が一気に上がった個別A方式以外も合格最低点は上がっているので、青山学院大学地球社会共生学部の難易度は本当に年々難しくなってきているということが言えると思います。あとはやはり青山学院大学地球社会共生学部は青山キャンパスでは授業はほぼないと思います。基本的には相模原キャンパスで4年間を過ごすので、青山キャンパスにあまり縁がないというのはちょっと残念かもしれませんが、相模原キャンパスの評判は良いです。だから、青山学院大学地球社会共生学部の学生の評判もそれなりに良いと思います。相模原キャンパスは立地条件はあまりよくないものの、キャンパスの中は学生にかなり人気です。綺麗で広くて、過ごしやすさは格別だと思います。都心から距離が離れているのがやや気になりますけど、それでも青山学院大学地球社会共生学部の学生の口コミを検索してみれば、そんなに不満な声はないと思います。もちろん、青山学院大学地球社会共生学部授業面の口コミについても見ておいてほしいですが。

 

青山学院大学地球社会共生学部に受かりたいと思っている人は評判も同時にチェックしてもらいたいですが、この学部の特徴としてはやはり4年間相模原キャンパスということになっているので、青山キャンパスに行く機会はほとんどないと思います。サークルなどで行く機会がある可能性もありますが、普段の授業ではあまり関係ないというこおとになるのではないでしょうか?あとは青山学院大学地球社会共生学部の評判で重要なのは留学が必須ということです。この学部はそこが特徴的なのです。そこが魅力だったり、人気になっている面もあるかもしれませんが、留学が必須ということは人によってはあまり入りたいという気持ちにならないと思う可能性があるので、そこはあらかじめ知っておきましょう。留学については口コミでも言及している学生が結構いるので、この学部を選ぶときには知っておかないといけないでしょう。青山学院大学地球社会共生学部の口コミは他にもいろいろなものがあると思いますが、特徴的な部分だけを紹介してみました。ちょっと特殊な学部になると思うので、4年間の学生生活やカリキュラムについては自分でも調べてみましょう。中でも知っておきたいのは4年間相模原キャンパスという点と留学が必須という部分です。いろいろな魅力がある学部ですが、青山学院大学地球社会共生学部の評判を見ると、今まで気付かなかった人気や魅力的と思える部分もありますけど、合う、合わないというのがあると思うので、ちゃんと自分でも口コミなどを調べて受験するか?どうかを決めていきましょう。

 

あわせて読みたい記事