リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

講談社に就職したい人の難易度や倍率は?評判は激務で飲み会が多い?離職率は高い可能性も・・・

【スポンサードリンク】

出版社の中では特に知名度があって、学生からも人気があるのが講談社です。ここに入りたいと思っている人も多くいるのではないでしょうか?講談社に就職したい人は大勢いると思いますけど、かなり難しいということは多くの人にとって分かると思います。講談社の就職の難易度は相当高いです。倍率は数百倍にもなりますし、かなり難しいということになりますけど、講談社に入りたい人はその中で選考を突破していかないといけないのです。講談社の就職の倍率は300倍以上はあるみたいなので、本当に難しいです。講談社の就職については募集人数などは多そうな気がしますが、応募者も多いので、その中で内定をとるのはかなり難しいでしょう。講談社の就職の難易度について知ったうえで対策を立てていってほしいと思います。講談社は年収も高いので、大企業としての魅力はかなりあります。平均年収は1000万円近いみたいです。その代り仕事はかなりきついと思いますが。実際に講談社で働いている人の評判を見ると、忙しい部分に言及している人もいます。講談社での仕事はまず体力が絶対に必要で、体力がなかった人は辞めてしまったなどの口コミもあります。しかし、仕事に取り組むにあたって余裕を持って行えている、講談社には働きやすい空気があるといった口コミもあるので、必ずしも講談社は忙しいわけではないのかもしれません。

 

その人の働き方にもよるので、どういった仕事を任されるか?にもよるということでしょう。でも、講談社で長く働いていれば激務と言えるような状況になる可能性は割とあると思いますから、そこは知っておくと良いと思います。出版業界は完全に向かい風の中にいるので、仕事が楽ということはありえないでしょうね。激務に感じるか?そこまではいかないか?というのは人によりますけど、出版業界全体への心配みたいな声も聞かれますし、講談社は大手ではありますが、業界全体が市場規模が小さくなってきているということを考えると、講談社の将来性はどうなるのか?というのは社員自身も気になっているのでしょう。講談社の平均年収は高いということをお伝えしましたが、それも未来永劫の話ではないと思った方が良いと思います。大手出版社なので、会社自体が特に小さくなるとか、潰れるまでは現実的な話ではないかもしれませんが、会社が潰れなくてもリストラのリスクはありますし、これから上向きになることはちょっと考えづらい、下り坂を下っていくだけになるかもしれない会社というのはあるのかもしれないです。出版業界が生き残には従来のやり方以外に革新的な事業を打ち出せるか?どうかでしょう。それができたところは持ち直したり、生き残ることができると思います。講談社がどうなのか?は分かりませんけど、同じやり方を続ける限りは仕事内容はきつい状況が続く可能性もあり、激務と言える状況は多くあると考えた方が良いのかもしれません。

 

10年、20年、30年経つと、今の若い人たちが中年、高齢者になっていくので、若いときに本をあまり読まない人たちがそういった年齢になり、そのときの若い人たちも本を読まない状況が発生すれば、自然と出版業界は厳しくなるでしょう。だからこそ、講談社の今の評判のみではなくて、就職した後の将来性に関する評判などもチェックして、自分自身でも講談社の将来性を考えたうえで就職すべきか?を決めないといけないでしょう。したがって、講談社に就職したい人は将来性をも考慮して、今だけの情報だけで決めない方が良いかもしれません。講談社は就職の難易度が高いですが、それは就職したいという人が多いからということになります。でも、それだけの魅力がある会社なのか?どうかは長いスパンで考えてみた方が良い気がします。講談社の就職の倍率はすごいですから、ここに就職できたら非常に自慢できそうですけど、将来的にはどう感じているのか?そこまで考えておいた方が良いのではないか?と思います。講談社の他の気になる口コミで言うと、実際に働いてみた人の感想では飲み会が多いと答えている人が結構います。これは出版社全体の傾向なのかもしれませんが、講談社の社員の中には上司や同僚との飲み会が多いと答えている人が過半数以上いるというデータがネットで見つかりましたけど、これはどういう数字として評価して良いのか?は難しいですが、これも講談社の評判の1つになるでしょう。飲み会が苦手な人にとっては出版業界はどうなのか?という意見もあるかもしれませんけど、他の業界がどうなのか?分からないので、比較は難しいかもしれません。

 

ちなみに講談社離職率はどうなのか?というと、数字としては残っていないようですが、多いという記述もあるので、それなりに高い可能性もあります。離職率を公開している会社はたいていは低い数字だからこその部分もある気がするのですが、講談社のように離職率を公開していないとなると、もしかして高いんじゃ?と疑ってしまう部分があると思います。社内では競争が結構あるみたいなので、激務になりやすいということはあるでしょうし、働いていて疲れる人は多く出る可能性もあります。直接問い合わせれば講談社離職率は分かるかもしれませんが、聞きづらい部分ですよね。講談社に就職したい人は間違いなく倍率は高いですから大変です。講談社は難易度は高いですけど、それに見合った将来性があるのか?は考えた方が良いです。これは出版業界全体に言えることですけど。講談社が今後の展開としてどういったことを考えているのか?どういう方向性で利益を確保しようと考えているのか?について会社説明会などを通じて理解し、それに納得できた場合、将来性に心配は少ないと思えるか?どうかはチェックしてほしいと思います。講談社の就職の難易度は高いですが、大手企業ということでかなり人気はあります。人気がある企業が良いところか?どうかは分からないので、必ず講談社の評判についてはWEBなどを通じてチェックしましょう。WEBの方が匿名なので本音を書きやすいはずですから、会社説明会やBO訪問などよりは、有益な情報が得られると思います。そういったところを通じて講談社の社員の口コミなどを細かくチェックして、将来性だけではなくて、働く環境についても調べていくと良いでしょう。

 

あわせて読みたい記事