リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

広告代理店に就職したい人は難易度や倍率は高い?激務で忙しい評判は本当か?

【スポンサードリンク】

広告代理店というのは、マスコミ業界の中でも人気の業界だと思いますが、広告代理店って忙しいイメージがかなりあるんじゃないですかね?広告代理店への就職を考えている人はそこが気になっているという人もいると思いますけど、実際どうなのでしょうかね?広告代理店で働いている人の評判などを見ると、激務は必須みたいな書き込みがあるので、やはり忙しいことは避けられないようです。特に何日もベッドで寝ていないことがあっても当たり前みたいな記述もあり、想像以上に広告代理店への就職は激務の連続のようです。これは企業や部署にもよると思いますが、そういう働き方をする可能性はあるということになります。だから、広告代理店への就職においては評判などは企業ごとにチェックしないといけないのです。そして、離職率などのデータに関しても細かく見ていく必要があるでしょう。でも、広告代理店はどうして忙しいのでしょうか?そこのメカニズムに関してはいろいろな要因が組み合わさっているのです。

 

広告代理店が忙しい理由の1つは、クライアントの案件によるものです。それぞれにおいて要望が違うわけですが、特に大きな規模で広告展開をしてほしいと言っているクライアントに関しては、それだけ手間や時間がかかるわけです。それだけ予算が大きくて、会社としてはもうかるということはあるものの、人員は限られているので、彼らでなんとかするしかないとなれば、当然忙しくなります。というか、忙しく動き回らないと、クライアントを満足させられないのです。クライアントによって要望それ自体がかなり違うので、相対的にそこまで忙しくはならない場合もありますが、無茶苦茶忙しいケースもあるということで、そこはどういう案件か?という部分によります。で、クライアントからの修正依頼とか、後からこうしてほしいとかの依頼が多かったりすると、それも激務の原因になります。広告代理店の場合、やはり期日という問題が非常に大きいため、激務の要素が満載なのです。また、広告の展開の仕方って言うんですか?シーズンごとにコロコロ広告を変えないといけないようなケースがあって、そういう案件はより忙しいと言われています。

 

これはシーズンごとに販売する商品が異なるような会社の広告を制作する場合がそれに当てはまります。例えば、アパレルとかでしょうか?そういったケースでは、シーズンごとの細かいスパンで異なる広告をそれぞれ作っていかないといけないので、より業務が濃密になりやすいというか、忙しくなる原因になります。したがって、広告代理店は仕事が増えるということは良いものの、激務の度合いが相当きつい場合があるので、そこの評判などは詳しく見ていかないといけないでしょう。広告代理店への就職のメリットとしては将来的にも比較的安定な業界だということです。広告や宣伝というのは、今後需要がなくなることは考えづらいですから。だから、マスコミ業界の中でも広告代理店は将来性においては伸びる業界とも言えないかもしれませんが、衰退する可能性も少ないと思います。将来性については割と安定しているということが言えますけど、それは業界全体での話であって、個別の企業ごとでは潰れる可能性はあります。広告代理店への就職の口コミは業界全体のではなくて、個別の企業ごと、自分が受ける企業ごとにも調べていくと良いでしょう。また、職種や部署にもよるので、一概に全員が広告代理店で激務と言えるわけではないと思います。それぞれの職種や部署、担当する案件ごとに変わる部分も大きいと思うのです。

 

でも、広告代理店への就職の難易度はどうなのでしょうか?広告代理店といっても大手から中小まであるので何とも言えませんが、大手はもちろんのこと、中小の広告代理店でもそれなりの難易度はあると思います。したがって、広告代理店に就職したいという人は多くいると思いますが、基本的にはどの会社でも就職の難易度は高いので、広告代理店は難しい業界だと思った方が良いと思います。広告代理店は年収の平均も高いというデータがあります。これは一部の大手の企業が引き上げているだけかもしれませんが、平均年収が高いとしたらそこは魅力的でしょう。広告代理店はすでに話したように将来性に関してはリスクが少ない。業界全体の安定はあると思うので、潰れる会社などは個別ではあると思いますけど、比較的規模の大きいところには入れれば、安心できるみたいな面はあるのではないか?と思います。ただ、今後日本の社会構造が根本的に変わる可能性があるので、数年後は予想できても、10年後とかは予想できない可能性があるので、就職時の将来性とかを考えてもしょうがないという見方もできるかもしれませんが。だから、今は広告代理店は業界全体では安定しているかもしれませんが、それは今後分からないと言える余地もあると思うのです。

 

だから、広告代理店に就職したい人は多くいると思いますけど、その難易度と将来性が釣り合うか?は分かりません。しかし、広告代理店は就職したい学生が多く、倍率もとても高い場合が多いです。社会的地位というのもあるかもしれませんね。広告代理店というのは、イメージもあるかもしれませんけど、すごい稼いでいるイメージやエリートのイメージがあるのではないか?と思います。それが実態と即しているか?は分かりませんけど、学生の中には広告代理店に対するすごいイメージがある場合も多いと思うので、そこが人気を呼んでいる部分にもなると思います。その結果、やはり倍率は高くなりますし、就職のための難易度が上がるのです。男性の場合には合コンでのウケが良くなるなどの話も聞きますし、社会的なステータスにもなりえる業界ということが言えるでしょう。広告代理店の就職の倍率などは企業ごとに違うので、相対的に受かりやすいところもあるとは思いますけど、全体的には難しいですね。それに全ての広告代理店が評判が良いわけではないので、個別の口コミをチェックして、企業ごとに受けるべきところを絞っていくと良いかもしれません。どこを受けてもある程度の倍率はありますし、難しいと思うのですが、全てが良い会社とは限らないので、やはり口コミなどを見ておく必要性はあると思います。

 

広告代理店での業務というのは激務になりがちで、忙しいと思う人は結構いると思います。そういう業界なのだということは知っておかないといけませんが、具体的にどう忙しいのか?については、評判などをインターネットでチェックしてほしいですし、自分が受ける企業ごとにチェックしてほしいです。広告代理店の就職の難易度は高いので、実際に内定を貰うのは難しいと思いますけど、どうしてもこの業界で働きたい人もいると思うのです。やりがいの1つとしては有名人に会えるということを挙げている人もいましたから、そこは広告業界とかの特権かもしれないですね。これは会社の規模や職種、部署にもよりそうですけど。そういった感じで、やりがいもあると思いますし、忙しいとしても魅力のある業界なのかもしれないです。ただ、倍率は高いので、なかなか受からないとは思いますから、頑張って就職活動をやっていきましょう。広告代理店に就職したい人は倍率が高い中を突破して内定を取らないといけないので、大変だとは思いますけど、就職活動を頑張っていきましょう!

 

あわせて読みたい記事