リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活の志望動機が見つからないとき説得力を持たせるには?なんとなく好きだからはNG?

【スポンサードリンク】

就活における志望動機の考え方というのは難しいです。多くの人がなかなか思い浮かばないのではないか?と思います。そういったときにはどういう風に考えるのが良いのでしょうか?多くの人はこの会社のここが好きとか、そういう部分を探そうとしているのではないか?と思いますが、そういう感じで作ろうとすると良い志望動機にならないと言う可能性があります。就活の志望動機が見つからない人は、そもそも根本の作り方から見直していくと良いのではないでしょうか?好きだからというのはよくある志望動機化もしれませんけど、それはそもそも企業から見て評価対象になるのか?ということです。自分の会社のことを好きだと言ってくれる人を雇いたいわけではないと思うのです。そうなると、志望動機において説得力があるものが必要なのだと思います。好きだからと言われると、本当に真剣に考えたの?とか、無理やりひねり出して考えた志望動機じゃないの?と思う人もいるかもしれませんから。

 

好きだからという志望動機はありがちという言い方もできるかもしれませんけど、企業から見たときに、この人雇いたいなーと思うか?という問題があります。雇いたいのは将来的に活躍できる人、業績に貢献できる人になります。つまり、自社を好きでいてくれるのは良いが、それは採用の決定打にはならないということです。分かりやすく言うと、東京大学に入りたい人たくさんいると思いますけど、実際に入れるのは一部です。入りたい気持ちだけじゃ入れないわけじゃないですか?東大が望んでいる学力を満たしている人じゃないと入れないわけです。それと同じだと思うのです。入りたい気持ちだけじゃ足りない。入りたい気持ちと別の何かを持っていて、会社に認められる人じゃないといけないわけです。東大の場合には学力ですが、会社の場合には何でしょうか?会社の場合には能力面ですよね。東大の学力の例と同じ意味合いですが、もっと具体的に言うと、会社の中の業務で発揮できる力です。それを持っている人を欲しがるのではないでしょうか?入りたい気持ちは言うまでもありません。全員が持っているはずです。だから、受けているはずなのです。

 

したがって、就活の志望動機では好きだからという関連の話ではなく、自分がその会社に入れば業務において活躍できますよ?という内容を入れると良いと思います。そういった志望動機は説得力があるでしょうし、作りやすいと言える気がします。就活の志望動機はなんとなく作ってはいけませんけど、どうしても思い浮かばないときがあると思うのです。そういうときには作り方の方向性を変えてみると良いと思います。すでに話したように好きだからではなくて、いかに自分がその会社に向いているのか?をアピールできるよう内容にすると、説得力のある志望動機になるでしょう。就活で志望動機が見つからないときにはやってもらいたいテクニックです。ただ、具体的にどうやって作っていくのか?ということになりますけど、なんとなくの感じでは作ってはいけないので、まずは自分がその会社に入ったらどんなことができるのか?を考えましょう。どんな貢献ができるのか?を考えるときには、自己分析のように自分がこれまでどんな生き方をしてきたか?どんな経験を積んで、どういう能力を身に付けてきたのか?という部分が重要です。自分がこれまでにやってきたことを踏まえて、自分がどの程度会社で活躍できるのか?を説明することが重要です。できるだけ具体的な場面で具体的な活躍をアピールした方が良いです。そして、自分がこのような活躍、貢献ができるからこそ御社を志望するんだということを話すと良いと思います。

 

ちゃんと理由になっていますよね。活躍できる場があるならば、その会社を志望するというのは別におかしな理由ではないと思います。自分も活躍できて満足だし、会社も活躍してくれれば満足だし、まさにWin-Winでしょう。この会社のここが好きだからという志望動機は学生の方は良いかもしれませんけど、企業にとってこれといってメリットがないので、採用する気になれない可能性があります。就活の志望動機はなんとなく考えてしまう、そういうものになってしまう可能性があるので、やはり採用したいと思わせられる説得力のある志望動機を作るには、自分が入社することのメリットを添えたものを話すと良いと思います。入りたい気持ちが先行するのも分からないでもないですけど、入りたい気持ちがあるのは大前提です。入りたくない会社を受けるというのはほぼありえないと思うので、入りたい気持ち以外の部分を添えて作っていきましょう。就活で良い志望動機が見つからないという人はそういったところをポイントにすると良いです。

 

就活の志望動機はなんとなく作っている人は少ないとは思いますが、無意識のうちに企業の良いところを探して、そこを添えたものにしている人が多いのではないか?と思いますから、しっかりと考えていきましょう。思い浮かばないときには同じ方向性じゃなくて、方向性を変えるというのも良いと思いますから、考え方はいろいろあって、どういう志望動機が良いのか?というのは難しいかもしれませんけど、企業の立場に立ってこの人を採用したいと思わせるものを考えないといけないので、そういったところは考慮していく必要があると言えます。就活のエントリーシートや面接にて中心になるのがこの志望動機なので、やはり真剣に考えていかないといけません。説得力を持たせられるように念入りに考えていきましょう。内定を貰えるか?どうかにおいては重要なポイントになりますから、時間をかけて自分をアピールできるように考える必要があるので、こういったことで悩んだときにはヒントになればと思います。他にも自信のある志望動機の作り方があるのであれば、もちろんそれでも構いませんから、納得のいくものを作ってください。

 

あわせて読みたい記事