リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

東京理科と立教大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職における違いは?

【スポンサードリンク】

東京理科大学立教大学はどっちが上なのか?難易度はどう違うのか?そこが気になっている人もいるかもしれません。東京理科大学立教大学は偏差値やレベルは割と近い状況にあるでしょう。とはいっても、理科大は理系がメインで、立教は文系がメインなので、そこは違いがありますけど、東京理科大学立教大学はどっちも頭いいというイメージを持てる難関大学なので、どっちが上なのか?難易度に関して比較をしていきましょう。実際に偏差値やレベルをチェックすると、そういった部分が見えてくるはずです。学部ごとに偏差値を比較していくことで、優劣がはっきりするでしょう。あとは東京理科大学立教大学のイメージや雰囲気などについてもチェックしていくと良いです。

 

東京理科大学立教大学の学部ごとの偏差値の違い

東京理科大学立教大学では共通している学部は多くありません。理学部と経営学部だけでしょうか。とりあえずこの2つの偏差値やレベルの違いを見ていきましょう。河合塾の個別日程の偏差値を参考にしていきます。まずは理学部ですが、東京理科大学が57.5~62.5で、立教大学が57.5です。したがって、理学部については明らかに理科大の方が難易度が高いと言えます。次は経営学部ですけど、東京理科大学が57.5~60.0で、立教大学が65.0です。経営学部については、確実に立教大学の方が難しいでしょう。立教大学経営学部は早慶レベルに近いです。だから、経営学部に関しては如実に差があります。文系と理系で1学部ずつ比較をしてみましたが、それぞれで差があるので、大学全体で見ればどっちが上か?は微妙です。文系なら立教で、理系ならば理科大という感じでしょうか?

 

東京理科大学立教大学はどっちが上か?に関しては、総合的な評価は難しいでしょう。ただ、理科大早慶上理という言い方をする場合があります。立教はMARCHですから、そういう意味では、東京理科大学の方が上だと思っている人たちは一部いるのかもしれません。最近はSMARTという括りで、東京理科大学立教大学が両方とも含まれているので、同じようなレベルとして扱われている面もありますけど。ただ、東京理科大学立教大学では、世間のイメージでは理科大の方が上という部分は少なからずあるかもしれません。でも、文系だけで言えばさすがに立教ということになりますがね。東京理科大学立教大学の難易度はこういう感じです。それぞれの偏差値やレベルを比較しつつも、イメージや雰囲気の違いを知っておきましょう。東京理科大学立教大学はどっちも頭いいとは言えるはずですが、好みがあるはずなので、東京理科大学立教大学はどっちがいいか?について考えるために、こういった部分も把握しておくといいと思います。

 

東京理科大学立教大学のイメージや雰囲気の違い

 東京理科大学立教大学のイメージを比較すると、やっぱり立教大学の方が華やかなイメージがあります。東京理科大学は理系で、男子学生がかなり多いということで、なんとなく地味なイメージがあるかもしれません。そこはまず大きな違いでしょう。男女の比率は大学の雰囲気に大きな影響を与えます。立教大学はわずながら女子の方が割合が高いみたいですから。そして、キャンパスの立地も違いがあります。メインキャンパスは東京理科大学が神楽坂で、立教大学は池袋です。どちらも都心に近い印象があるところで場所は良いでしょう。しかし、東京理科大学の場合にはそれ以外にもキャンパスが多くあります。東京理科大学の神楽坂キャンパスに通う学部は理学部、経営学部、工学部の一部学科のみのようです。したがって、残りの多くの学生は別のキャンパスに通うことになるので注意が必要です。都心からはちょっと離れます。立教大学に関しては、文学部、法学部、経済学部、経営学部、社会学部、異文化コミュニケーション学部、理学部が池袋キャンパスなので、理系も都心で学びます。ほとんどの学部が池袋なので、そこは魅力的でしょう。したがって、東京理科大学立教大学のイメージや雰囲気の違いとしては、こういった部分が存在します。キャンパスライフの雰囲気という面では重要なポイントでしょう。

 

東京理科大学立教大学では就職に違いはあるのか?

東京理科大学立教大学は就職における違いはあるのでしょうか?偏差値やレベルの面においてはそこまで大きな違いはないです。ただ、理系ならば東京理科大学、文系ならば立教大学に分がある気はします。でも、それがどこまでの差か?というと、微妙でしょうね。ただ、理学部ならば東京理科大学で、経営学部ならば立教大学の方が良いかもしれません。しかし、理科大の基礎工学部と立教の理学部とかになると話は別でしょう。この2つだと理科大が優位とは言えない可能性が出てきます。人事としては両大学とも頭いいイメージがあると思うので、就活においては評価はされると思います。だから、そこまで気になくてもいい部分かもしれないです。東京理科大学立教大学はどっちがいいか?に関しては、就職についても考慮しておいた方が良いと思いますから、こういう部分もしっかりとチェックしたうえで、最終的な結論を出していきましょう。

 

東京理科大学の大学案内が無料で請求できる!

東京理科大学に入りたい人、受験するかもしれないと考えている人はスタディサプリ進路から資料請求ができることを知っておくと良いと思います。立教大学は有料ですが、東京理科大学は無料となっています。ここで請求可能な資料というのは、東京理科大学の入試情報や学生生活に関する大学案内となっているのです。入試情報に関しては、東京理科大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などについて詳しくまとめられています。そして、過去の入試結果から東京理科大学の倍率や合格最低点も載っているでしょう。したがって、かなり貴重な資料と言えるのです。また、学生生活の情報に関しては、東京理科大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気か?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?に関して、学部学科ごとに詳しく説明されていると思います。これを読めば、自分が東京理科大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすく、今まで知らなかった魅力も感じ取れる可能性があります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「東京理科大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページに移ります。そこに氏名や住所などを入力して送信すると、自宅に届くのです。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてほしいです。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事