リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活ではスピード写真はダメか?落ちる人も内定とる人もいる

【スポンサードリンク】

就職活動で使う写真はどういうものが良いのでしょうか?履歴書やエントリーシートに写真を貼らないといけないものもあるでしょうけど、写真は書類選考において非常に重要な要素になると思います。顔採用なんて言われていることもありますけど、その場合でも顔のみで採用の可否を決めることはないでしょうけど、顔が採用の可否に与える影響は割と大きいと思います。つまり、写真の見せ方によってエントリーシートや履歴書での書類選考の通過率が大分変わってくる可能性もあるということです。さて、では写真を撮るときにはどこで撮れば良いのでしょうか?選択肢は主に2つです。駅前などにあるスピード写真で撮影するか、ちゃんとしたスタジオがある写真屋さんに撮ってもらうか?です。就職活動では、どっちが多いのかな?恐らく半々くらいじゃないでしょうかね?

 

スピード写真は安く済むというのと撮りたいときにいつでも撮れるという優れもので、後は大掛かりな感じで撮ってもらうのが面倒という人にはもってこいです。ただ、一部ではスピード写真は落ちるという噂もあるようですが、それは企業によりけりでしょうね。実際、そういうスピード写真は手抜きだとしてあまり印象がよくないという企業の人事も少なからずいると思うんですね。それだけで落ちるわけではないものの、選考において不利になってしまうケースも存在するかもしれないです。スピード写真で内定を貰えたということも普通に聞きますから、スピード写真を何とも思っていない企業もあるといえばあるでしょう。写真にそこまで手間をかける必要はないと思っているところもあるかもしれない。結局は写っている人の問題であって、手段の問題ではないのでしょう。

 

スピード写真は手抜きだからと、それだけの理由で評価を下げるような企業は考え方自体に合理性があるとは思えないので、そういうところは逆に落とされて良かったと思った方が良いでしょう。ワケの分からない精神論を言ってくる企業はろくなところじゃないと思うのです。スピード写真と写真屋さんに撮ってもらう写真では、確かに出来は違うでしょうね。写る本人がスピード写真であっても十分魅力的に写っている場合には、そういったスピード写真でも撮影しても問題ないと思います。写真写りが良い人もいますから、スピード写真でも全然問題ないと思えるような写り方をしているか?どうかは自分でもだいたい分かるでしょう。スピード写真でも大丈夫ジャン!と思えるならば、それで履歴書やエントリーシートに貼って出せば大丈夫だと思います。

 

逆にスピード写真はそれほど写りがよくない場合もあります。最近はスピード写真の機械も進化してきており、綺麗に写る機能が追加されたりもしているようです。ただ、それでも限界があるんですよね。写真屋さんに撮ってもらう場合には、スタジオの中に質の高い機材、機器がちゃんと整備されており、特に綺麗に撮るための準備や環境が整っています。また、ちゃんと人間が見ながら撮ってくれるので、第3者(撮影者)目線で、ちゃんと魅力的に撮れるように調節をしてくれますし、表情に対する支持も出してくれるでしょう。自分では、とられる瞬間にどう写っているのか?というのは分かりませんけど、ちゃんとカメラマンが見ている中では、これで大丈夫!と言えるような状態になって初めて撮ってくれますから、スピード写真で撮るよりは間違いなく、よく撮れていると思います。というか、手間も相当かけていますし、お金も高いので、スピード写真よりも綺麗に撮ってもらわないと困りますけどね。

 

だから、自分でスピード写真で撮ってみて、ちょっと納得いかない場合などは、当然それを履歴書やエントリーシートに貼って企業に出すと、企業の人事も同じように考える可能性もあります。そういうときには写真屋さんに行って、プロの方にちゃんと撮影してもらうというのが良いのではないでしょうか?特に女性の場合は、やはりルックスが影響する部分は大きいと思います。だから、男性よりは特に写真に気を使っていかないといけないかもしれません。写真屋さんに撮ってもらうと、写りがあまりよくなくても修正したり、編集作業が利く場合もあるので、それで魅力的に変える手段もありますから、どっちにしろ写真写りをよくしたいのであれば、スピード写真よりは写真屋さんを頼るのが良いのかな?と思いますね。少なくとも、スピード写真だから、それだけの理由で落とす企業はほぼないと思いますけどね。

 

あわせて読みたい記事