リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

内定式、内定者懇親会でぼっちになりそう、同期と合わなそうと感じたら

【スポンサードリンク】

内定式に参加するときに、1つどうしても恐れていることがあるかもしれません。それはぼっちになってしまうということです。内定式は誰か知り合いと一緒に参加するということはほぼないでしょう。知り合いが同じ会社に内定したなんてケースはそうあるものじゃないですから。ただ、内定者同士で事前にLineのグループを作って仲良くなっていたり、内定式の場で仲良くなっているグループがある中で、自分が入れないとか、そういう疎外感を感じるケースもあるかもしれません。そうなってしまうと、ちょっと精神的にきついですよね。仲の良いグループというのが、一部で作られている場合には良いですが、そのグループが自分以外の全ての内定者で構成されていたり、複数のグループがすでにあって、どこにも入れそうにないとか、内定者の人柄とか性格によっては、そういうのが得意な人と不得意な人に分かれます。ある程度均等に分かれてくれれば良いけど、得意なほうに偏ってしまうと、もう得意じゃないほうの人はどうしようもありません。

 

ここからどうしたら良いの?どうやって仲の良い人を作ったら良いの?と絶望感に打ちひしがれるとともに、この会社で上手くやっていけるのか?と思うかもしれません。ぼっち参加っていうか、1人で参加しにいくことは珍しいことではないと思いますが、参加した結果、会場でぼっち気味になってしまうと辛いですよね。Line等でグループができている場合や会場でグループができてしまって、そこに乗り遅れると、本当にそういうぼっちになってしまいます。そういう意味では積極性は必要なんですが、どうしようもない場合もあります。それは合う人、合わない人がいるからです。合わない人がいても、合う人が一部でもいれば問題ありません。ただ、内定者は選べません。場合によっては、自分以外の内定者の性格やノリが全然合わない人ばかりというケースもありえます。そうなると、そういう輪の中に入っていくのは、積極性とか、そういう問題では解決できません。それはその輪の中に入っていったところで全然楽しくないからです。

 

大人しくて口数の少ない人が、ワイワイ盛り上がっている輪の中に入って楽しいですか?全然楽しめないと思うんですよ。そういうケースが中にはあります。内定者がある程度多いところと少ないところはそういうケースはあまりないと思います。それは内定者がある程度多い会社、20人以上とかであれば、気が合う人が1人もいないケースは考えづらいからです。内定者が多い場合は、連帯感はそこまで生まれないが、小さいグループがいくつか生まれて、それぞれで楽しくみんながやれるんじゃないか?と思います。逆に内定者が少ない会社、5人以下とかであれば、その内定者の性格やノリがどんなであろうと、同期としてみんな頑張ろうよ!みたいな雰囲気に自然になると思います!人数が少なければ少ないほど、自然に連帯感が生まれて、同期が誰であろうと、それなりに仲間意識が生まれて上手くやっていけそうな気がします。ただ、内定者が中途半端な数だと、また違う結果を生む可能性もあるのです。例えば、8人くらいだとどうでしょうか?

 

8人くらいの中途半端な人数だと、できるグループはだいたい1個でしょう。つまり、そのグループに入れないと、どこにも入れない可能性があり、はぶられた感じになってしまい、ぼっちになってしまうということいなりがちです。内定者がこれくらいの人数だと、運が悪いと自分はどちらかというと非リア気質なのに、他はみんなリア充っぽい感じとかもありえるわけですよね。1人でも自分の側の人間がいれば全然違いますが、全員そっち側の人間だとこれはきついでしょうね。実際、Google画像で「内定式」とか入れて検索すると、内定式の画像がたくさん出てきます。そこに映っている様子を見ると、この会社の内定式に自分がいたら、絶対に馴染めないだろうな・・・。っていうのが普通にあるんですよね。そうなると、画像を見る限り、これは内定者全員リア充というか、ウェーイ!系の人に見えてきて、その会社には入ったら多分、私は同期と馴染めないと思います。私はそっち側の人間ではないので。

 

内定式では、同期の人と初めて顔を合わせて、どういう人たちとこれから一緒に働くのか?を確認していくとともに、この会社で大丈夫か?やっていけそうか?ということを確認する場でもあります。同期が気が合わないというのは、結構ありそうですが、それを踏まえて、この会社で良いと思うか?それともまだ就職活動を続けていくか?考えていきましょう。内定者同士の懇親会では、内定者だけを見るのではなく、会社にも目を配って、これからずっと働いていく可能性もある会社として本当にここで大丈夫そうか?自分が入社するところがブラック企業という可能性もありますから、そういうところも目を配ってちゃんと内定式を利用して、最終確認をしていきましょう。ぼっちの問題については、ぼっちになりそうだと思うと、どうしても不安になってしまいますが、それについても同時にここで本当に良いのか?ここで楽しくやっていけそうか?考えていきましょう。どちらの問題にしても、ここで決めるか?別の会社を探すかの2択しかありませんからね。

あわせて読みたい記事