リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

学習院大と東洋大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

【スポンサードリンク】

学習院大学東洋大学はどっちが上でしょうか?学習院大学東洋大学に関しては、本来は学習院大学の方が偏差値は高い状況でした。しかし、近年は学習院大学東洋大学の難易度が非常に近くなってきています。私大難化により、日東駒専の難易度がかなり上がり、東洋大学の偏差値にも影響したのです。学習院大学にも影響はあったものの、東洋大学の方が偏差値の伸びが大きく、近年は学部によってはMARCHレベルと言えるものが存在します。だから、学習院大学東洋大学の偏差値やレベルは近い状況と言えるので、どっちが上か?については知っておいた方がいいです。この2つで迷う人もいると思いますから。学習院大学東洋大学の偏差値やレベルに関してまずは理解をして、そのうえでイメージや雰囲気の違いについても把握しておきましょう。そこまで踏まえたうえで、学習院大学東洋大学はどっちがいいか?の比較をすると良いです。

 

学習院大学東洋大学の学部ごとの偏差値の違い

学習院大学東洋大学はどちらも頭いいと言えるレベルになってきています。ただ、学部ごとにどういった違いがあるのか?その難易度を知っておきましょう。河合塾の個別日程の偏差値を参考にしていきます。まずは文学部ですが、学習院大学が57.5~60.0で、東洋大学が52.5~57.5です。文学部に関しては学習院大学の方が偏差値は高い状況と言えるでしょう。次は法学部ですが、学習院大学が60.0で、東洋大学が55.0です。法学部に関してはちょっと差がある感じです。経済学部については、学習院大学が60.0で、東洋大学が52.5~57.5です。したがってこれに関しても学習院大学の方が高いです。後は国際系の学部になります。学習院大学の国際社会科学部は60.0で、東洋大学の国際学部が57.5~60.0で、国際観光学部が57.5~60.0です。国際系の学部に関しては難易度が非常に近いです。理系については、学習院大学の理学部が55.0~57.5で、東洋大学理工学部が45.0~52.5です。理系は偏差値やレベルに差があると言えるでしょう。

 

こうして見ると、学習院大学東洋大学では難易度に差はあるでしょう。ただ、以前のようなGMARCH日東駒専ほどの差はないと言えます。学習院大学東洋大学では、文学部、法学部、経済学部については学習院大学の方が難しいものの、以前よりは差は縮まってきています。そして、国際系の学部に関しては学習院大学東洋大学の偏差値やレベルはほぼ同じであり、文系に関しては全体的には学習院大学の方が上ではあるものの、思ったほどではないと言えるでしょう。文系学部に関して、東洋大学は57.5や60.0が出てきたことが大きいです。このあたりはMARCHレベルに匹敵する数字なので。学習院大学東洋大学ではどっちが上か?というと、相変わらず学習院大学でしょう。しかし、W合格の結果などに関しては徐々に変化が出てくる可能性があります。どちらも今の時代は頭いいと思われる可能性が高いと思います。ただ、学習院大学東洋大学はどっちがいいか?では、それ以外にも重要な面があります。それぞれのイメージや雰囲気に関しても知っておいてほしいです。

 

学習院大学東洋大学のイメージや雰囲気の違いは?

学習院大学東洋大学の難易度は差はありますが、微妙に異なっています。ただ、以前よりはW合格の結果で東洋大学を選ぶ人が増える可能性があります。だから、学習院大学東洋大学はどっちがいいか?では、難易度とは別の面もチェックすると良いでしょう。大学それ自体の雰囲気に関しては、キャンパスの立地による違いがあります。学習院大学は目白、東洋大学は白山にメインキャンパスがあります。目白は池袋の隣の駅であり、白山に関しては巣鴨が近いです。そういう意味では、どちらも東京という雰囲気はあるものの、学習院大学の方が都会の雰囲気は感じやすいかもしれません。ただ、東洋大学についても、山手線では巣鴨の2駅先が池袋なので、池袋に近いと言えば近いかもしれませんけど。学習院大学東洋大学ではイメージや雰囲気にそういった違いがあるのです。こういった部分は好みがあるため、それぞれのキャンパスを訪れて比較をしてみた方がいいと思います。また、東洋大学に関しては学部別に分かれており、全ての学生が白山ではないですけど、それでもキャンパス内は東洋大学の方が混雑しているというか、賑やかでしょう。相対的に学習院大学の方が静かと言えると思うので、そういった部分での雰囲気の違いもあります。

 

学習院大学東洋大学では就職における違いはある?

学習院大学東洋大学ではどっちがいいか?それに関しては就職面も考慮していきましょう。就職での評価に関しては、現状では学習院大学の方が高い可能性があります。偏差値やレベルが近くなってきているとはいっても、まだ学習院大学の方が難しいというイメージが世間に載っています。GMARCH日東駒専という序列が定着してしまっているため、そのイメージは人事にも少なからずあるでしょう。ただ、私大難化は人事は知っているため、東洋大学の偏差値が上がってきていること、場合によってはMARCHレベルになっている現状は把握していると思います。以前よりも東洋大学の評価は高くなっているはずです。頭いい印象もありそうです。ただ、学習院大学と相対的に比べると、少しは落ちてしまうはずで、学習院大学東洋大学に関して、就職においてどっちがいいか?の比較をすると、今のところは学習院大学の方がいいかもしれません。大学自体も小規模なので、大学のサポートなども受けやすいでしょうし。一方で東洋大学のメリットとしては、学生数の多さによる、OB、OGの多さになります。メリットがないわけではないのですが、全体で言えば学習院大学の方がメリットは大きいかな?という気がします。

 

学習院大学の大学案内が無料で請求できる!

学習院大学に入りたい人、受験するかもしれないと考えている人はスタディサプリ進路から資料請求ができることを知っておくと良いと思います。東洋大学は有料ですけど、学習院大学は無料となっています。ここで請求可能な資料というのは、学習院大学の入試情報や学生生活に関する大学案内となっているのです。入試情報に関しては、学習院大学の学部別、入試方式別の必要な科目、配点、募集人数、日程などについて詳しくまとめられています。そして、過去の入試結果から学習院大学の倍率や合格最低点も載っているでしょう。したがって、かなり貴重な資料と言えるのです。また、学生生活の情報に関しては、学習院大学の学生が普段どんな授業を受けて何を学んでいるのか?ゼミやサークルはどんな雰囲気か?卒業後はどんな進路を歩むのか?就職率や就職実績はどうなっている?に関して、学部学科ごとに詳しく説明されていると思います。これを読めば、自分が学習院大学に入学したらどんな四年間を過ごすのか?が想像しやすく、今まで知らなかった魅力も感じ取れる可能性があります。スタディサプリ進路のトップページの検索窓に「学習院大学」と入れて検索をして、「パンフを請求する」というリンクをクリックすると必要事項を記入するページに移ります。そこに氏名や住所などを入力して送信すると、自宅に届くのです。無料で請求できるので、良かったら参考にしてみてほしいです。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

 

あわせて読みたい記事