リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

学習院大と武蔵大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違いは?

【スポンサードリンク】

学習院大学武蔵大学は何かと似ている大学とされています。元々は難易度に多少なりとも差があったのですが、近年は割と近い状況になりつつあるのです。学習院大学武蔵大学はどっちが上か?と言えば、従来は学習院大学というイメージがあったでしょう。学習院大学の方が頭いいという印象の人が多かったと思います。しかし、武蔵大学の偏差値がどんどん上がってきたことにより、学習院大学武蔵大学のレベルはかなり近い状況となってきています。どっちもかなり難しい感じで、どっちが上か?というのは判断が難しいと思います。お互いに小規模な大学ですし、どちらも少人数を生かした教育を行っているので、いろいろな面で比較をしていきたいと思いますが、まずは偏差値やレベルの違いを見ていきましょう。そのうえで学習院大学武蔵大学のイメージや雰囲気の比較もしていきたいと思います。

 

学習院大学武蔵大学の学部ごとの偏差値の違いは?

学習院大学武蔵大学の偏差値やレベルの違いはどうなっているのか?そこに関しては河合塾の個別日程の偏差値をチェックしていきたいと思います。文学部(人文学部)から見ていきますが、学習院大学が57.5~60.0で、武蔵大学が57.5~60.0です。文学部はほぼ同じ難易度です。次は経済学部ですけど、学習院大学が60.0で、武蔵大学が57.5~60.0です。経済学部については、微妙に学習院大学の方がレベルは高いです。学習院大学武蔵大学はともに小規模な大学のため、同じような系統の学部はこういったところだけで、他に比較することは難しい状況です。したがって、2つのみですけど、とりあえず難易度の違いを見てみました。とりあえず両者の偏差値を見比べてみると、差はあまりないです。学習院大学は以前とあまり偏差値は変動がありませんけど、武蔵大学に関しては私大難化の中で偏差値が上がってきており、GMARCHに近づいてきている状況です。

 

学習院大学武蔵大学は従来の難易度のイメージとは違った状況になりつつあるので、そこは知っておいてほしいと思います。したがって、今はどちらもMARCHレベルに近い状況です。学習院大学武蔵大学は十分に頭いいと評価できるでしょう。ただ、世間一般では学習院大学の方が難しいと思っている人はまだ多いと思われるので、そういった面も知っておきましょう。実際の難易度と世間のイメージの難易度は必ずしも一致しませんから。ある程度時間が経たないと実際の状況に世間のイメージは追いつかないでしょう。武蔵大学が難易度を上げ始めてから、そこまで長い時間は経っていませんから。しかし、実際に学習院大学武蔵大学はどっちがいいか?を選んでいくときには、難易度とは別の部分もチェックする必要があります。それぞれの大学のイメージや雰囲気の違いも見ていきましょう。

 

学習院大学武蔵大学のイメージや雰囲気の違いは?

学習院大学武蔵大学のイメージや雰囲気の違いについて見ていきますけど、やはりキャンパスの立地条件という面で大きな違いがあります。小規模かつ、少人数な点は共通していますけど、比較できる面もあるため、そこに関してチェックしましょう。どちらも都内にありますけど、学習院大学は東京都豊島区で、最寄り駅は目白駅です。武蔵大学は東京都練馬区にあり、最寄り駅は江古田駅です。こういった感じで、立地条件は微妙に異なっています。どちらかと言えば、学習院大学の方が都心にあります。武蔵大学は住宅街の中にあり、都心からはやや距離があります。学習院大学の場合にはJR山手線の沿線なので、そこはかなり便利でしょう。池袋駅新宿駅が近いです。武蔵大学に関しても、西武池袋線の沿線なので、池袋駅は割と近いため、そこは利点でしょう。こういった部分において、キャンパスライフの雰囲気は違いがあるはずなので、学習院大学武蔵大学はどっちがいいか?に関しては、こういった部分からも調べておきましょう。好みがあるため、都心に近い方が必ずしも望ましいとは言えません。したがって、できればそれぞれのキャンパスを訪れてみると良いと思います。

 

学習院大学武蔵大学で就職に違いはあるのか?

学習院大学武蔵大学で就職に違いはあるのか?というと、少なからずあると思われます。まず学習院大学の場合には、GMARCHのイメージが強いので、MARCHに匹敵する存在という印象が人事にもあるでしょう。武蔵大学の場合には、MARCHの下位レベルに近づいてきているとは、ワンランクの下のイメージがまだ残っている可能性があります。だから、同等に見る人事もいるかもしれませんが、学習院大学の方が上であると、頭いいと感じている人事もいる可能性が高いです。だから、人事の評価に関しては学習院大学の方が上だと言える可能性が十分に考えられます。また、就活というのは基本的に都心に近い方が有利だとされています。交通の便がいいため、それによっていろいろな会社に移動する際に便利と言えるのです。だから、キャンパスの立地的には学習院大学の方が都心に近いですし、こういう部分を含めても、就職において学習院大学武蔵大学はどっちがいいか?というと、学習院大学になるでしょう。偏差値やレベルの差はそこまでないとしても、実質的には学習院大学の方が有利と言える可能性は高そうです。

 

あわせて読みたい記事