リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

筑波大とお茶の水女子のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

【スポンサードリンク】

筑波大学お茶の水女子大学はどっちが上か?偏差値やレベルの違いはどのくらいか?などは気になっている人も多いと思われます。女子学生の場合には、筑波大学お茶の水女子大学がともに選択肢になるケースがありえます。どちらも非常に難易度が高い国立大学で、世間一般的に頭いいというイメージもありそうです。したがって、どっちが偏差値やレベルにおいて優れているのか?について、考えていきたいと思います。また、筑波大学お茶の水女子大学のイメージや雰囲気の違いはどうか?といった点も同時に紹介していきたいと思います。

 

筑波大学お茶の水女子大学の学部ごとの偏差値の違いは?

筑波大学お茶の水女子大学の偏差値やレベルはどっちが上か?そういった部分について、実際に比較をしていきたいと思います。今回は河合塾の偏差値を参考にしていきます。ただ、筑波大学お茶の水女子大学の場合、同系統と言える学部がほとんどありません。したがって、全く同じではないけど、近いと思われる学部のみの難易度を比較していきたいと思います。まずは文教育学部(人文・文化学群)です。筑波大学が57.5~62.5で、お茶の水女子大学が57.5~62.5です。したがって、これに関しては、ほぼ同じレベルと評価できます。次は理学部(理工学群)です。筑波大学が57.5~60.0で、お茶の水女子大学が57.5~60.0です。こちらも同じ難易度となっています。比較できそうなのはこのあたりですけど、いずれも偏差値やレベルは同等と言える状況です。したがって、筑波大学お茶の水女子大学はどっちが上か?という点に関しては、結論を出しスライと言えます。

 

とりあえず同じような系統の学部で比較をすると、難易度には差がありません。ただ、それ以外の学部で言えば、筑波大学は医学群などがあります。こういったところは特に偏差値が高い状況です。だから、大学全体で比較をすると、筑波大学の方が難しいと言える余地はありますが、それでも微妙な差かもしれません。今回は同じ系統の学部のみで違いを見ていきますから、結論としては筑波大学お茶の水女子大学のレベルはかなり近い、ほぼ同じという状況になると思います。ともに頭いいと言える学歴であるため、どっちを選んでも申し分ないとは思うものの、実際にどちらかを選択するときには、難易度のみならず、イメージや雰囲気の面を考慮していきましょう。筑波大学お茶の水女子大学のキャンパスライフの雰囲気などを比較しながら、どっちがいいか?について考えていくと良いと思います。

 

筑波大学お茶の水女子大学のイメージや雰囲気の違いは?

筑波大学お茶の水女子大学のイメージや雰囲気の違いについて見ていきたいと思います。特に両者のキャンパスの立地条件の違いを把握しておきましょう。筑波大学茨城県つくば市にあります。どうしても田舎のイメージがあるところで、実際に自然が豊かな雰囲気が大いに感じられます。都会っぽさはあまりないかもしれませんが、落ち着いた場所という評価はできるでしょう。お茶の水女子大学は東京都文京区にあります。したがって、それなりに都心に近いですし、そこそこ都会っぽさを感じられるところでしょう。したがって、明らかに両者のイメージや雰囲気には違いがあります。ただ、こういった部分は好みが関係してくるので、一概にどっちがいいとは言えません。各自で自分に合っている方を選ぶ必要があります。筑波大学の方は田舎っぽいとしても、広々としたキャンパスで伸び伸びできるでしょう。お茶の水女子大学は都会にキャンパスがあるということで、敷地は狭いかもしれませんが、都心の雰囲気の中で遊びやすさ、楽しさは感じられると思います。

 

筑波大学お茶の水女子大学では就職に違いはある?

筑波大学お茶の水女子大学においては、就職における違いはあるのか?という点が重要です。これに関しては、偏差値やレベルに差があまりない以上、評価としては大きくは変わらないと思われます。茨城県内では筑波大学、都内ではお茶の水女子大学がそれぞれ有利と言えるかもしれませんが、全国的な傾向で言えば、そこまで変わらない気がします。筑波大学お茶の水女子大学はどちらも一般的には頭いいというイメージがあるので、人事としての評価もそういったものでしょう。だから、就職において、筑波大学お茶の水女子大学はどっちがいいか?というと、どちらも構わないと思います。ただ、お茶の水女子大学は女子大なので、女子大ならではの特典があります。それは一般職の求人が豊富ということです。女子学生の場合には一般職に応募するケースが多くありますけど、女子大にはそういった求人が多く来ることが多いです。一般職は女子学生しかほぼ応募しない状況ですから、ライバルがほぼ同性のみということはそれだけ競争率が低くなりやすく、内定を取りやすいと言えます。ここは覚えておくと良いと思います。

 

あわせて読みたい記事