リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

成人式でネイルはいつ頃?何色が良い?しないのはおかしい?

【スポンサードリンク】

成人式のときには、女性は飛びっきりのオシャレをして当日を迎えるということは珍しくありません。振袖や髪型などもそうですが、爪まで気を使ってオシャレをしている人もたくさんいます。普段からネイルに気を使っている人も多いですが、そうじゃない人でも成人式だけ色をつけてみたりする人もいますからね。成人式のときには振袖の色や柄がすでにかなり華美なので、ネイルに気を使ってもあまり目立たないかな?という気はしますが、他人に見られなくても自分が納得いくように仕上げていくというのでも良いのではないでしょうか?付け爪をつけていくという人も多いようですね。別にしないという人がいても不思議ではないと思いますし、それでも構わないと思いますよ。手間がかかることが多いので、そこまで気を使っていられないという人もいるでしょうし。ただ、ネイルをしていくのであれば、何色が良いのか?というのも1つ問題になるかもしれません。

 

色は候補がたくさんありますが、私であれば成人式のときに着る振袖の色に合わせると思います。全体的に赤の色が使われているならば、ネイルも赤で、緑ならばネイルも緑にするといった感じです。振袖はいろいろな柄や色の人がいますが、全体的には赤を使ったものを着ている人が特に多いという印象です。やっぱり人気の色なんでしょうね。あとは紫とかでしょうか?そのあたりの振袖を着ている人が多いように思います。振袖の色に合わせるというのが1番シンプルで良いと思うのですが、別々の色にしても変なわけじゃないと思います。しかし、あまり目立たない色にはしない方が良いでしょう。例えば、白とかは目立たないこともないけど、やっぱり振袖の色に圧倒されてしまう感じがするのです。だから、振袖の色との組み合わせにもよりますが、微妙な感じかもしれません。好みにもよりますけどね。主張し過ぎない感じがいいとか、そういった理由で白を選ぶという人もいても不思議じゃないです。

 

あとはそもそも色だけじゃなくて、本格的に柄をつけたり、ネイルサロンでやってもらうようなかなり派手で凝ったものをつけている人もいます。相当手間がかかりそうですが、一生に一回だから、やっぱり気合も入れるのでしょうか?普段からネイルサロンに通っているような人がいれば、別に不思議な感じではないですが、大学生の年齢なので、19歳や20歳の子がネイルサロンに通っている例はあまり聞きませんね。色だけじゃなくて、その他の絵柄の部分にもこだわる人もいるので、ネイルへの熱意の程も人それぞれといった感じでしょうか?色だけじゃなくて、無地なのか?そうじゃないのか?というデザイン面も考慮して選んでいきましょう。そして、このネイルはいつ頃やれば良いのでしょうか?あまり遅くなると間に合わなくなるので、成人式の当日から逆算してネイルを施してもらいましょう。ドレくらい前が良いのか?というと、爪の伸びるスピードを計算しながら、丁度言い長さになるのが成人式当日になるようにすると良いでしょう。

 

具体的にいつ頃か?というと、成人式は毎年1月の上旬ですか。月曜日に固定されているので、日にちは毎年ずれますが、12月後半くらいに行うのが良いのでしょうかね。これなら2週間もないので、そんなに伸びないでしょう。付け爪の場合はちょっと状況が異なるかもしれませんが、自分の爪に直接描く場合には伸びるスピードを考慮しないといけないので。どれくらい前にネイルをやってもらうか?を考えないといけないのです。当日に近ければ近いほど良いとなりますが、いろいろと予定や事情もあるでしょうし、あまりに早すぎるくらいでなければ良いと思います。男性はあまりこういうことに気を使わなくて良いというか、そういうオシャレをしている人はすくないですね。服装も家にあるスーツで構いませんし。楽です。強いて言うならば髪型をセットするくらいで、他はほとんど何もしないでしょうから。女性は当日もそうですけど、それまでに何ヶ月も前から準備や予約をしないといけないとなれば本当に大変ですよね。みんなオシャレしてくるから、自分だけしていないで参加すると何か場違いみたいな感じがしますし。本番まで大変だと思いますけど、女性は本当に是非頑張ってほしいと思います。

 

あわせて読みたい記事