リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

大学を編入すると就職活動で不利になる?影響はある?

【スポンサードリンク】

大学に編入学するというケースも以前よりも多くなってきており、今いる大学に何らかの不満がある場合には、編入学をした方が何かと良い場合もあります。大学1年生の時期や入って間もない時期であれば、仮面浪人をして、上手くいけばまた大学1年生からやり直すということも可能ですが、2年生以降になると、ちょっと遅いかもしれないですよね。浪人することができないわけではないですが、+2とか、3になると後々響いてくるのではないか?と思っている人もいるかもしれません。そういった場合には編入学をすると、すでに取得した単位を新しい大学でもそのまま利用できるというか、考慮してくれますから、1からスタートにはなりません。以前の大学で取得した単位数がそのまま新しい大学でも利用できるわけではありませんけど、1からスタートに比べたら大分マシでしょう。そういったメリットもあって、大学編入は多くの方に利用されています。

 

ただ、就職活動になったときに影響があるのではないか?と考えている人もいるかもしれません。それは履歴書とかには、編入学する前の大学とした後の大学を書くことになると思います。そうなると、面接官などには編入学をしたことが分かります。そのときに何らかの影響があるのか?ないのか?というのは気になるかもしれません。影響があるか?ないか?については個別の面接官によるとしか言いようが無いのですが、質問をしてくるケースがあれば、その面接官は多少なりとも編入について気にしているということになるでしょう。どの程度気にしているか?は分からないものの、多くの場合、どうして編入しようと思ったのですか?と利いてくる可能性があります。編入をしようと思った理由についての質問が1番多そうです。皆さんが編入をしようと思った理由は何でしょうか?現実的にありえそうなのは、別に学部に入りたいという場合、または別の大学に入りたい場合の2つがありえそうです。

 

別の学部に入りたくなった場合には、同じ大学内の編入という選択肢もあるわけですが、別の大学を選んだ理由を答えないといけませんね。そして、こっちの方が多いでしょうか?今いる大学に不満を持っており、それを解消できる大学に行きたかった。それは大学の偏差値、大学の授業、大学の雰囲気、その他いろいろな不満から別の大学に行きたくなったということでしょう。大学の編入というのは、手段は違えど、浪人にして再受験するケースと大差ないと思います。きちんと試験も受けるわけですから。だから、受験生が浪人をするときの気持ちと同じような理由でも構わないと思います大切なのは、編入学をしようと思った不満の理由というよりは、編入学先の魅力を伝えられることではないでしょうか?もし理由を聞かれたときには、それまで在籍していた大学の不満な点を述べるのではなくて、編入学先の大学の魅力について語れると良いと思います。

 

理由を聞かれたときに、多くの人はそれまでいた大学の不満を解消するために編入学をしたという感じで話してしまうと思います。ただ、そうじゃなくて編入学をする先の大学に行きたいと思える理由があったからこそ編入をしたんだという感じの理由の方が印象が良いと思います。在籍していた大学の不満を述べるよりは、編入先の大学の希望を述べた方が話を聞いている人の印象は良いはずですから。実際、編入したいと思っている大学にはこんな魅力があった!だから、編入したかったのです!といった言い方は十分理由になるでしょう。その魅力は当然それまでいた大学にはなかったということになりますから、前向きな回答ながら、編入した理由にはなっていると思います。もし編入した理由を聞かれたらそんな風に答えれば良いでしょう。ただ、利かれないケースもあると思いますよ。

 

聞かれないケースというのは、その面接官は編入したという事実についてた意思的にしていないという証拠になるのではないか?と思います。だから、その場合にはもうその他の大学生とあまり変わらないのではないか?と思います。私の予想になりますけど、どちらかというと気にしていない人事の方が多いのではないでしょうか?何かそんな気がします。それは編入自体が大して珍しいものではなくなってきているからです。編入をする学生は以前よりも増えてきていますからね。その実質もほとんど路浪人と変わりませんから、編入学によって就活が不利になるとか、そういうのはないのではないですか?有利になることもそんなにないかな?とは思いますけどね。あまり気にしないで就職活動をしていければ良いと思います。

 
あわせて読みたい記事