リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

法政大学キャリアデザイン学部の難易度は?評判や倍率は高い!

【スポンサードリンク】

法政大学は、非常に多くの学部を備えた総合大学で、偏差値も非常に高いです。したがって、簡単に入れる大学ではないものの、相対的に受かりやすい学部もあるはずです。偏差値はだいたい56~60くらいの間なので、そんなに学部間で難易度の差があるわけではないものの、その中でキャリアデザイン学部は1つ、相対的に易しい学部と言われることもあります。カタカナで、今風の学部名という感じがしますね。この法政大学のキャリアデザイン学部の偏差値は、56くらいでしょうか?法政大学の中では低い方ですが、世間一般的には低くはないですね。成成明学くらいの偏差値はあります。この法政大学キャリアデザイン学部の難易度はそれなりには難しいですけど、法政大学の中では、マーチの中では相対的には簡単だと思うので、受かりやすいところとして覚えておいてください。このキャリアデザイン学部は1つ大きな特徴があります。それは特徴が無いところが特徴と言えるかもしれません。

 

今後の人生において、1つ大きな分岐点になるかもしれませんね。それは今、特に何をしたいとか考えていることが無いような人が、大学生活の中で何か将来の目標や夢を見つけたいといった方におすすめの学部とも言えると思います。実際にキャリアデザイン学部の学生の評判としては、経営学、教育学、そして文化について主に学ぶことになります。学習内容の領域がかなり広いので、それぞれの学生にとって、学ぶ内容がかなり異なるということがあります。キャリアデザイン学部で履修する授業はたくさんありますけど、その中から何を選ぶか?によって、自分のこれからの人生を限定していく、決めていくような感覚になれますね。文学部、法学部、経済学部などは、その学部内で取れる授業の範囲も限定されているし、何を学ぶか?だいたい分かりますよね。しかし、キャリアデザイン学部は、範囲が限定されておらず、かなり広い、自分自身で履修をしながら、学ぶ範囲を決めていくことになります。だから、とりあえず大学には行きたいが、別に学部はどこでも良いとか、将来就きたい仕事が決まっているわけではないとか、そういった方に特に向いていると思います。法政大学キャリアデザイン学部は学生の評判は高いです。

 

この法政大学キャリアデザイン学部の難易度はどうなのか?については、一応法政大学なので、簡単ではないです。すでに話したように、法政大学の中では比較的簡単な方になりますけど、偏差値で56くらいはあるので、ちゃんと勉強をしないといけません。この法政大学キャリアデザイン学部の倍率や合格最低点はどうなっているか?というと、過去の入試結果を見てみると分かります。過去の入試結果を見ると、結構倍率が高いのが分かります。2015年の結果を見ると、キャリアデザイン学部のA方式は7.7倍です。そして、T日程は11.2倍とかなり高くなっています。法政大学のキャリアデザイン学部は倍率が非常に高いということが言えます。この倍率は他学部と比べてもかなり高いです。これを見ると難易度は高いんじゃないの?と思うかもしれませんが、偏差値がそこまでじゃないということを踏まえると、倍率は高くても、受けている人のレベルが平均56くらいということになるのです。法政大学キャリアデザイン学部の合格最低点はどれくらいか?というと、こちらも2015年の入試結果によると、T日程は6割5分、A方式は6割くらいです。ボーダーだけ見るとあまり高くないですね

 

これだと、法政大学キャリアデザイン学部の難易度はちょっと分かりづらいかもしれませんが、倍率は非常に高いものの、難易度は高いとは言えないと思うんですよね。ちなみに入試科目についてはT日程は英語と国語の2科目です。法政大学のキャリアデザイン学部のT日程は2科目で受けられるのでお得です。英語と国語が得意な人、選択科目の地歴公民数学などが苦手な人にとっては、このT日程は有利ですね。A方式は通常の3科目なので、3科目である程度バランスがとれた人じゃないとなかなか受かりづらいと言えます。例えば、英語55、国語60、日本史45みたいな人は間違いなくA方式よりはT日程の方が受かりやすいと思います。問題がそれぞれで違うので一概に難易度の比較はできませんが、合格最低点がそこまで変わらない現状を見ると、T日程の方が受かりやすい可能性が高いと思います。自分の成績によって、どっちで受けるのが良いのか?大体判断ができると思います。日程が違うので、両方受けることもできますけど。3科目で受けるにしろ、2科目で受けるにしろ、最低偏差値55は欲しいでしょうね。55あれば受かっても不思議じゃないと思いますが、それ以下だとなかなか厳しいと思います。

 

50台後半あればかなり確率は上がります。最低偏差値は55、できれば50後半を目指していきましょう。この法政大学キャリアデザイン学部の評判としては、市ヶ谷キャンパスに通えるというのが大きいです法政大学は市ヶ谷キャンパスと多摩キャンパスがありますが、圧倒的に市ヶ谷キャンパスの方が人気です。それは都会にあるからでしょうね。周囲はかなり栄えていますし、総武線、中央線が最寄り駅なので、渋谷、新宿、池袋、その他主要駅にもすぐに向かうことができます。だから、大学生活の華やかさで言うと、多摩キャンパスよりも市ヶ谷キャンパスの方が優れているということになるのかもしれません。受験生にとって、立地は重要ですし、それが評判や雰囲気のよさにつながり、偏差値にも影響しますからね。別に法政大学の多摩キャンパスの雰囲気が悪いとか、そういうわけではないのです。多摩キャンパスは静かで、落ち着いていてという特徴があるので、市ヶ谷キャンパスとは対照的ではありますが、それも1つのメリットになります。しかし、市ヶ谷キャンパスは過ごしやすい場所だと思いますから、キャリアデザイン学部の学生は楽しい大学生活を送ることができるのではないでしょうか?

 

あわせて読みたい記事