リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

同志社大学で偏差値や倍率が低く受かりやすいのは経済学部?評判も難易度も高いが

【スポンサードリンク】

関西の難関私立大学群の「関関同立」の中のトップとされているのが同志社大学です。この同志社大学は偏差値は全体では60くらいになるのかな?と思いますが、非常に難易度の高い私立大学です。同志社大学はとても評判が良いですし、就職も関西では抜群でしょう。学部も非常に多いので、それぞれの学びたい分野に応じて選べますし、今の最新の社会状況を反映した学部も備えており、人気も高いです。この同志社大学では比較的受かりやすいとされているのが経済学部です。伝統的な学部でありますけど、同志社大学の中では難易度がやや落ちます。それでも、同志社大学経済学部の偏差値は58か59くらいはありそうですけどね。神学部みたいな特殊な学部を除けば、だいたい58~62くらいの間に多くの学部が収まっていると思うので、そんなに学部間の格差は大きくないです。同志社大学経済学部は同志社大学に入りたい人にとっては、受かりやすい学部の1つになるでしょう。同志社大学経済学部は、入りやすい学部になりますけど、それは相対的な話であって普通に同志社大学のレベルですから、難しいことには変わりありません。

 

同志社大学経済学部の入試科目について紹介をすると、全学部入試と個別入試がありますが、どちらも受験科目は大差ありません。だから、全学部入試と個別入試を両方受ける方も、どちらしか受けない方も同じ対策で大丈夫だということです。同志社大学経済学部の入試科目は英語、国語、地歴公民数学となっています。国語は古典は全て出るみたいなので、古文、漢文両方やっておいた方が良いかと思いますが、古文と漢文に関してはどういう問題が出るのか?については不明な部分もありますし、どういう出題のされ方をするか?というのも大学によって分かれますから、同志社大学のホームページの最新の入試情報や赤本で早めに確認しておいた方が良いでしょう。漢文は出るけど、独立問題としては出ないというケースもありますから。そして、地歴公民数学に関しては、地歴公民数学は日本史、世界史、政治経済、数学(数Ⅰ、数A、数Ⅱ、数B)の範囲です。数Bは数列、ベクトルの範囲を含むなっています。

 

こういったオーソドックスな3科目入試が同志社大学経済学部の受験科目になりますから、普通に文系の3科目を勉強していければOKということになります。ただ、同志社大学経済学部の場合には配点がやや特殊です。英語が200点、国語と地歴公民数学が150点となっているので、合計で500点満点になります。同志社大学経済学部は英語の配点が高いですから、まずは英語を中心に勉強していくと良いでしょう。ちなみに同志社大学経済学部のセンター利用入試について説明すると、同志社大学経済学部のセンター利用のボーダーは一応85%という数字になっています。結構高いですから、なかなかとれる数字ではないでしょう。この数字は変動する可能性もありますけど、だいたいこの前後で収まると思います。ちなみに同志社大学経済学部のセンター利用の入試科目は、英語(リスニングを含む)、国語、数学(数Ⅰ、数A)が必須です。それ以外に数Ⅱ・数B、日本史、世界史、政治経済、地理、現代社会、倫理、化学基礎、物理基礎、生物基礎、地学基礎、化学、物理、生物、地学の中から1科目選択しますが、リアの基礎科目に関しては2科目選択して1科目と見なされます。ここが注意点になります。だから、同志社大学経済学部のセンター利用の受験科目は基本的には4つ必要になるということです。ということで、同志社大学経済学部のセンター利用はボーダーも高いですけど、難易度も高いと言えるでしょう。これは現在の同志社大学経済学部入試科目なので、今後変更されるかもしれないので、最新の情報を自分でもチェックしておきましょう。

 

同志社大学経済学部は難易度がとても高いというのは分かってもらえたと思います。一般入試でも、センター利用入試でも難しいです。しかし、同志社大学経済学部の倍率を見てみると、意外とチャンスがあるのでは?と思えてくるかもしれません。同志社大学経済学部の全学部日程の倍率が2015年が2.4倍、個別日程が2.6倍、センター利用入試が3.3倍です。センター利用入試は平均くらいかな?という気がしますけど、全学部日程と個別日程のほうはどちらも低いですよね。だから、チャンスはあると思います。偏差値がちょっと届いていないとしても、模試での判定がよくないとしても、受けてみれば受かるチャンスがあるのではないでしょうか?同志社大学経済学部は3科目での偏差値が60近くあるのが理想ですが、56,7くらいでも赤本をきっちりやって、同志社大学経済学部の専用の勉強を突き詰めると可能性はあるでしょう。60越えていても落ちる人はいますし、もっと偏差値が低くても受かる人はいますから。模試での判定がE判定、D判定でも同志社大学経済学部の勉強をしていくことがポイントになります。

 

でも、1番良いのは勉強をしていって、模試でB判定以上、偏差値が60付近以上あることですけどね。それは全員が達成できるものではないので、それが達成できない場合には、同志社大学経済学部の過去問を徹底研究して、同志社大学経済学部の対策をしていって、きちんと適切な対策になっていれば合格可能性が上がりますから。諦めてはいけないのです。同志社大学はとても偏差値が高いですが、相対的に同志社大では受かりやすい学部は学経済学部になるでしょうか。同志社大学はとても評判が高く、就職にも強いです。特に関西では知名度もありますからね。関西で経済学を学ぶならば、私立大学ならば特に同志社大学になるでしょう。同志社大学経済学部を元々目指している方は良いですが、同志社大学ならばどこでも良いので入りやすい学部を探しているという方は、経済学部は1つおすすめなのです。同志社大学経済学部は偏差値も難易度も高いものの、倍率ではチャンスはあるので、一生懸命勉強をしていきましょう。評判の高い同志社大学に入れれば高学歴と認められると思いますから。

 

あわせて読みたい記事