リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

就活や公務員試験の面接で重要な身だしなみ!ルックスや見た目で外せない部分は?

【スポンサードリンク】

公務員試験の面接をするにあたっては、非常に身だしなみが重要と言われています。公務員試験や就活の面接では見た目の印象が合否結果に影響を与えるからでしょう。身だしなみや見た目などの要素は、それを合否の材料に使うことが妥当か?どうかは別として、人が人を判断するときにどうしても無意識に見てしまう部分であり、人間が面接をやっているのだから、そういう部分が合否に影響する可能性は十分あるのです。したがって、公務員試験や就活もそうですけど、面接を受ける前にはそういった部分については、よく考えておきましょう。具体的にどういうところが見られているのか?どういう身だしなみが重要なのか?という点について言うと、例えば顔や髪の毛のテカりはよく言われていますね。公務員試験や就活は5~9月くらいまでの夏などを挟んだ暑い時期に面接をやることも多いため、まず汗をかきやすいということがあります。通常、面接本番までには建物の中で準備をしているでしょうから、クーラーが効いているので、汗はひくと思いますけど、一応注意しておいた方が良いです。

 

面接をする前には時間があるはずですから、1度トイレに行って、自分の顔をチェックしておいた方が良いと思います。そして、意外と落とし穴なのが髪の毛です。顔のテカりはチェックしても髪の毛のテカりには意識が向かないというケースもあるので、是非知っておいてほしいと思います。髪の毛がテカっている人というのもいるのです。なぜテカるのか?それはワックスやジェルなどの整髪料が原因です。髪の毛を、髪型を整えるときには、そういったものを使う人もいますが、それが十分髪の毛に浸透していなかったり、馴染んでいないと、髪の毛の表面に残っている場合があります。したがって、髪の毛は黒の人が多いので、艶やテカりがあると余計に目立ちやすいです。したがって、事前に顔だけじゃなくて、髪の毛の身だしなみも公務員試験や就活の面接前にチェックしておいてください。さらにこれは見た目の問題ではないですが、匂いの問題があります。こういった面接の前には香水などはつけないとは思いますが、それ以外の使用アイテムによって匂いがついているケースもあるので、注意が必要です。

 

例えば、制汗スプレーです。これは製品によってはいい香りがついているものもありますが、香りがいいか?どうかよりも匂いが強いことが問題で、もし面接を受けているときに、あれ?何だこの匂いは?と思われたら、それはマイナスになる可能性もあるので、制汗スプレーを使うのは良いのですが、絶対に香りつきのものは選ばないようにしましょう。無香料のものが普通に売っているので、それを使うと良いです。そして、凄い細かい部分ですが、爪です。あまり爪を指摘している人はいないかもしれませんが、一応整えておいた方が良いです。手の爪は面接中や入室、退室のときにはそう簡単に見える部分ではないとは思います。しかし、もし手の爪が長かったり、形が歪だったりすると、それは正直印象良くないですよね。特に普段、爪を噛む癖を持っている人もいると思うのですが、そういう人の爪はボロボロになりやすいというか、歪になりやすいので、余計にトイレをしておくというか、綺麗に短く切っておく。これをできれば前日までに済ましておきましょう。当日だと忘れる可能性があるので。爪も意外なポイントなので覚えておくと良いでしょう。

 

公務員試験や就活の面接では見た目がとても重要です。それは顔などのルックスそのものも影響する可能性はあります。それはしょうがないです。不潔な人にいい印象を持たないのと同じように、顔のいい人に良い印象を持ってしまうのは、人間の性ですね。そういう選び方が本当に良いのか?どうかの問題はありますが、現状そういう人が有利なのはあると思うので、そこはもう変えられない問題ですから、顔に自信がある、ないにかかわらずちゃんとした万全の対策をしながら、自分の見た目にも気を使っていきましょう。公務員試験や就活では見た目などのルックスは関係あるとしても、そこまで合否を決定付けるほどのものじゃないと思いますよ。第一印象で優位に立てるという程度で、その後の面接次第では一気に印象が下がってしまう可能性もありますから。そういう意味でいうと、公務員試験や就活の面接において顔やルックスに自信がないとしても、逆転は可能です。そして、顔以外の身だしなみなどの見た目は、個人の努力でどうにかできるものですから、そこに精一杯気を使っていくと、本当に顔とか関係なくなる可能性もありますから、自分が今できる身だしなみ対策として、就活や公務員試験の面接で良い印象を持ってもらえるように見た目に気を使っていきましょう。それと同時にどういう見た目が好印象なのか?も考えておけると良いですね。

 

こういった就活や公務員試験での身だしなみは基本とされているものの、実は見落としている部分もあるかもしれないので、知っておくと良いと思います。ルックスや見た目が面接において影響があると思いますから、努力で改善できる部分については気を使って、当日は面接官にいい印象を与えて、第一印象で優位に立って、その後の面接を有利に進められると良いでしょう。就活や公務員試験の面接でもやはり人は見た目が9割なのかもしれませんよ。見た目でリードできれば、合格しやすい。内定がとりやすいというのは言えるのではないでしょうか?そういった普遍的な事実も認識しながら、面接対策や面接前の身だしなみのチェックをしていきましょう。

 

あわせて読みたい記事