リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

特別区の希望区選びで人気区、倍率が低くて受かりやすい区はある?

【スポンサードリンク】

公務員試験を毎年受験している人たちがこぞって受けているのが特別区になるのですが、この特別区はちょっと他の試験種とは違うところがあるんです。それが申し込み時に希望する区を選ぶ必要があって、3つまで選ぶことができます。他はそういうのはないと思うんですよね。強いて言うならば国立大学法人や国家公務員の場合には、勤務地を大まかに選ぶことができ、そこの試験区域で受験をすることになります。ただ、特別区の場合には、その希望区を選んだとしても、内定が貰えれば、その希望した区で働けるということではないのです。先ほどあげた試験種は内定がもらえれば、その希望した地域で働けますし、転勤も恐らくその範囲になることが多いのではないでしょうか?特別区の場合には希望区に内定がもらえる可能性はそんなに高くないと思います。ただ、希望区によって受かりやすさが変わるんじゃないの?という疑問を持っている方もいるかもしれませんが、これは特別区の採用権者に聞いてみないと確実なことはいえないものの、あまり変わらない気がしてきます。

 

それは募集人数分はどの区でも必要なので、希望した区以外から声がかかる場合があるわけなんですよね。だから、特定の区ばかりに人気が集中したとしたら、そこに希望区を出している人の中から一定割合を、相対的に人気のない区に振り分ける。そういう作業が恐らく最終合格をした後に行われているんじゃないか?と思います。そういうことをしないと、間違いなく人気区っていうのがあると思うので、そこに人が集まりすぎてそこは倍率がとんでもなくなります。だから、人気区を書いても受かりづらいとも言えないですし、人気じゃない区を受けても受かりやすいとも言えないかもしれないですね。最終合格の順位が高いと希望した区からきやすいのか?というと、それも何か違うような感じを最終合格した人の体験談から聞いています。順位が低い人でも希望区から来ている人がいるので、そうなると順位が低い人でも希望区からきた人というのは、人気区じゃないところを希望していたのかもしれません。人気区を受けると、それだけ人が殺到しているので、全員を面接している余裕がないので、その中の何割かは別の区で面接を受けてもらうという方も多いのでしょうか?

 

特別区の場合は、人気区というのはだいたい都心の方にある区じゃないでしょうか?地方から受けに来る方も多くいるので、どうしても都心の地域に憧れを持っている方が多いのかもしれませんね。だいたい港区、千代田区、渋谷区、新宿区、豊島区あたりの都心の方の区がやはり応募者が多いのかな?と思います。逆に雰囲気的に下町みたいな感じとか、住宅街のイメージがあるようなところは応募する人も少ないのかもしれません。例えば、台東区江東区練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区荒川区あたりはあまり人気じゃないかもしれませんが、江戸川区はちょっと特殊だったりしますし、練馬区あたりは確かに募集人数が毎年結構多いので、それを見てあえてそこを選んでいるという方もいるかもしれませんね。各区ごとの倍率みたいなのは分かりませんし、公表もされません。だから、強いて言うならば、各区ごとの募集人数の多い、少ないとで倍率を予想するしかありませんけど、単純に募集人数が多いから倍率が低くなるとも言いづらいんですよね。

 

それは今言ったように募集人数が多いから受かりやすいのかな?と思って、応募してくる人がたくさんいる可能性があるからです。したがって、募集人数によっても倍率は予想できません。そして、先ほど言ったように応募時に倍率は確かに偏りがあると思いますが、区面接の前に提示の時点で、人気区とそうじゃない区の間で調節をしているんじゃないか?と思われますから、倍率は差はあると思いますが、そんなに大きな差はないんじゃ?と思いますよ。だいたい、希望した区の面接を受けられる保証もないので、倍率が低そうな区を選んだとしても、全く意味がない、逆に倍率が高いかもしれない区から提示があるかもしれませんから、人気区や倍率の高い区を見つけて、そこを仮に避けて応募したとしても、どこまで効果があるか?は分かりません。だから、ワカラナイとしか言いようがないのですが、区面接の前に希望区以外から電話がかかるという現象が何故起きるか?というのを考えると、それは全員を希望区通りに面接を受けさせられない事情があるということになります。

 

その事情は何か?というと、希望者の偏りがあるということであって、特定の区は受験生が多くなりすぎて処理できないから、少しは他の区で受けてもらうという風にしている。と考えるのが1番自然かな?と思います。だから、人気区は確かに存在すると思います。先ほど挙げた都心にある区ですね。そして、相対的にあまり人気のない区もあります。ただ、それらの中で受かりやすい区、受かりづらい区というのを見出すのはなかなか難しいです。だから、単純に自分が受けたい区、働きたい区を書けば良いのではないでしょうか?そこが人気区の場合には、そもそも区面接でそこを受けられない可能性もありますが、特別区から内定が出る、出ないの確率に関してはあまり関係ないと思います。だから、すでに話したように自分が受けたい区を選ぶというのが1番良いのではないでしょうか?東京都の23区について調べてみると、それぞれの区の特色があると思うので、それを参考にしてみると良いのではないか?と思います。

 

あわせて読みたい記事