読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リア充、非リアも関係ない!楽しい大学生活を送るには?

現役の大学生が勉強、恋愛、バイト、就活など、様々な面で充実した生活が送れるように、いろいろなヒントを提供していきたいと思います。

東京女子大学の偏差値やレベルは?難易度は高いが倍率は低い!入りたい人が受かるには?

女子大学の中では偏差値が結構高い方になると思いますが、それが東京女子大学です。東京女子大学は偏差値で言うと55前後くらいなのかな?と思います。現代教養学部という学部が1つしかないので、大学全体の偏差値は分かりやすいですけど、55あるか?ないか?くらいではないか?と思います。東京女子大学は分かりやすく言うと成城大学明治学院大学のレベルだと思います。そうなると難易度は割と高いということですね。したがって、東京女子大学に入りたい人は結構勉強をしないといけないということになります。女子の受験生でMARCHレベルを目指している人が併願として受けることがある大学ではないか?と思います。もちろん、第1志望で受ける人もいると思いますけど。私の知っている例だと立教大学を第1志望にしていて、東京女子大学を併願している人がいました。東京女子大学のレベルはそれほどだということなのです。したがって、東京女子大学に受かるにはやはり勉強は必要です。では、東京女子大学で入りやすいのはどの学科なのか?専攻なのか?について考えてみたいと思います。

 

学部が現代教養学部の1つしかありませんけど、学科という言うべきか、専攻と言うべきか、分かりませんけど学部の中で細分化されています。したがって、何を学ぶか?はそこで決まるのです。ここは東京女子大学に入りたい人はちゃんと見極めて受験をしていくべきでしょう。何を学ぶか?ということで決めても良いですし、難易度は少しでも低いところを狙っていくというのでも良いかもしれません。東京女子大学で入りやすい学科や専攻はというと、人間ー言語科学、数理ー数学、数理ー情報理学の3つになると思います。この3つは偏差値が少し低いですし、後述するセンター利用入試の難易度も少し下がります。したがって、どこでも良いから東京女子大学に入りたいという人ならばこのあたりはおすすめですが、理系の分野も含むので、そこは考えないといけませんね。受験科目が理系である可能性もありますから。東京女子大学の偏差値は全般的には5くらいかな?と思いますけど、このあたりはもっと下がると思うので、日東駒専レベルと言えるのかもしれません。それでも簡単とまでは言えないと思いますから、勉強をしていくということは必要です。

 

では、先ほど言っていたようにセンター利用入試のボーダーラインについて簡単に書いておきます。東京女子大学のセンター利用入試のボーダーラインは概ね7割代前半から8割くらいです。学科や専攻によってボーダーラインは変わってきます。パスナビの数字を参考にすると、1番難しいのが現代教養学部の国際ー国際関係で81%です。普通に成蹊大学くらいのレベルがありますね。逆に1番低いのは数理ー数学の62%です。こちらは日東駒専よりもさらに低くて大東亜帝国レベルのセンター利用のボーダーラインになります。日東駒専でも7割前後は必要ですからね。東京女子大学の難易度はセンター利用入試でもそれぞれで全然違うということですが、今紹介したのは極端な例なので、多くは75%前後です。したがって、成城大学明治学院大学のレベルにあると言えると思います。東京女子大学に受かりたい人はセンター試験でもチャンスがあるということになりますけど、センター利用入試で受かるにはMARCHクラスの実力がないと厳しいと思います。つまり、3科目で偏差値が60近くないと厳しいのかな?そこまでいかなくても3科目でセンター試験の問題を75%くらい解ければ可能性は結構あるかもしれないですね。その学科や専攻を受けるか?でも大分違いますけど。

 

では、東京女子大学の倍率について簡単に見ていきます。女子大なので、基本的には倍率はそこまで高くはならないでしょう。共学の大学の方がどうしても倍率は上がりやすいです。それでも東京女子大学は偏差値が高いですし、人気もあるので倍率は低くはないと思いますけどね。ただ、ざーっと2016年度の東京女子大学の倍率を見てみましたが、一般入試に関してはやはりそれほど高くないです。というか、現代教養学部のほとんどの学科や専攻は1倍台です。2倍以上のところもあるんですけど、1番高いケースでも2.7倍かな?この年はそのくらいが最高の倍率ということです。したがって、意外と倍率は低いなという印象です。東京女子大学は偏差値はそこそこありますけど、倍率だけを見ると割と入りやすそうに見えます。しかし、それなりの実力がないと厳しいので、偏差値を上げていく努力はしないといけません。東京女子大学の難易度はやや高いので、赤本を使って過去問の対策をしていくことが重要になります。偏差値が足りていなくても過去問を研究して傾向を探り、徹底した対策をすることで受かるケースもありますから。

 

東京女子大学に受かるにはそういった努力も必要でしょう。MARCH以上の大学を第1志望にしているような人は良いかもしれませんが、ここが第1志望の人は過去問を使って傾向や対策を練ることは本当に重要だと思います。東京女子大学に受かりたい人は合格最低点なども調べておいて、それをもとに赤本を解いていくと良いと思います。東京女子大学の合格最低点を知ったうえで赤本を解けば、自分が受かる実力があるか?どうかが分かりますから。しかし、そこで注意をしてもらいたいのは発表されている合格最低点は素点ではない可能性があるので、微妙に越えているくらいだと受からない可能性の方が高いかもしれないのです。したがって、東京女子大学に受かるには20点、30点くらいは合格最低点を上回るくらいの実力が必要ではないでしょうか?難易度が高い大学なので、しっかりと対策をしていくようにしましょう。

 

あわせて読みたい記事

宅配ピザのバイトは仕事内容は激務で忙しい?きつい?評判ではメリットも大きい

宅配ピザを利用されている方も多いと思います。私は数年前くらいまでは利用していましたが、最近はあまり利用していません。やっぱり高いって感じてしまうのです。お金にケチになってからは宅配を頼むならばココイチのカレーにしています。ピザを頼んでも、1人じゃ全部食べられないし、ココイチのカレーなら、半分の金額で済みますからね。でも、宅配ピザが何で高いか?というと、従業員の問題と関連しているのです。価格を安くしすぎると注文が入りすぎて、宅配ピザのバイトが激務になりすぎるということで、そうならないように意図的に高くしているみたいです。ちゃんと宅配ピザのバイトの仕事がきついかもしれないという点を考慮してくれているのです。でも、宅配ピザのバイトは絶対に大変ですよね。私は以前は台風の日とか、雪の日とかに普通に注文していたんですけど、絶対に大変だなと思います。そういう日っていうのは、私だけじゃなくて、全国的に宅配ピザの需要が高まるときだと思うんですよ。要は外の状況があれだから、出たくないというときにピザを頼む。こういうときだけは高い金額が妥当に思えてきます。それだけ宅配ピザのバイトは激務のときがあるということになります。宅配してくれている人は、本当に苦労しているでしょうからね。ただ、高い金額もバイトの懐に余計に多く入るなどということはなく、支給される給料はいつもと同じでしょうけど。

 

後はエレベーターがないとか、あるけど、どこにあるか?分からないような状況の場合、指定された時間に遅れるといけないので、仕方ないから階段で昇るケースもあると思います。また、道が分からなくなったり、迷子になるケースもあります。宅配をするときだけでも結構大変なことはありますが、ピザを作っているときも厨房が暑いとか、臭いが洋服につくとか、いろいろあります。そんなわけで、ピザの宅配バイトはそういった面はきついです。激務になることも場合によってはあるが、日常的なきつさで言うとそういったところが関係してくるのです。ただ、宅配ピザのバイトの評判を見ていると、良いこともあります。メリットがちゃんとあるのです。例えば、ピザを食べられることとかがそうではないでしょうか?バイトをしていると、そこで作っているピザを食べるチャンスもあるようですね。ミスって作ってしまったピザを食べられたり、空いている時間に自分でピザを作って食べられたりもするらしいです。宅配ピザのバイトの評判ならではの部分で、これは非常に大きなメリットになるでしょう。全部のお店ではないと思いますけど、そういうチャンスもお店によってはありえるのです。通常ならば2000円前後はするピザがタダで食べられたら非常に大きいですよね。宅配ピザのバイトが忙しいとしても、こういったところはかなりありがたい部分です。お店によってどこまで可能なのか?分からないので、そこはちゃんと見極めてもらいたいですけどね。

 

そして、自分がピザを注文するときは、だいたい2割から5割引くらいで注文できるケースもあるようです。これも宅配ピザのバイトのメリットになります。これはよくありますよね。私が働いていたスーパーでも、閉店後にレジで商品を買っているパートの人たちが多くいましたが、どうやら3割引くらいで買えたみたいです。私は買ったことないですけどね。だから、ピザが安く買えるのであれば、それも1つのメリットには他なりません。半額くらいになれば本当に大きいですよ。安いものは1000円以下で買えるでしょうから。さらに宅配ピザのバイトの評判はあります。後は宅配する家によって、チップみたいなのをくれるところもあるみたいですよ。チップというか、タクシーの運転手によくあるお釣りはいらないから!みたいなのがたまにあるみたいです。それは法律上自分のモノにして良いのか?分かりませんが、少なくとも渡す側はお店じゃなくて、配達してくれた人に対して感謝しているから渡してくれたわけですからね。所有権はバイトにあると言えるのかな?微妙な気もしますが。そして、サボっているのがばれづらいというのもあります。宅配を終えて、ちょっと油を売っていても監視している人はいないので、ちょっと小休止くらいならば怒る人も少ないと思いますけど、ちょっとサボるくらいなら、問題になりづらいというのも宅配ピザのバイトの評判になります。配達する人だって疲れますから。宅配ピザのバイトは忙しいことも多いでしょうから、少しくらいは休ませて欲しいですよね。

 

宅配ピザのバイトは高校生でも一応できますからね。ただ、宅配ピザのバイトの時給はあまり高くないですね。宅配ピザのバイトが激務だとしたらその仕事内容に合っているのか?は微妙です。だいたい900円から1100円くらいの間が多いようです。地域にもよりますけど。高くはないが、低くもないって感じでしょうか?宅配ピザのバイトの時給は店舗によって異なるので、そこを確認してから応募した方が良いと思います。後はバイクの免許がいると思います。女性の場合は、店内の仕事も多くあるようですが、男性の場合はほとんどが配達要因でしょうから、デリバリーの仕事のためにバイクの免許がいると思います。バイク自体はお店のものを使うでしょうし、保険もお店側のものに加入することになるケースが多いと思います。こういった感じで宅配ピザのバイトはきついことも多々ありますし、忙しいことが大いに想像されます。したがって、宅配ピザのバイトはきついと感じる人もいるでしょうから、時給と釣り合っている仕事なのか?は微妙ですけど、宅配ピザの仕事内容や評判などをチェックしてやりたいと思った人は始めてもらいたいと思います。楽しい人にとっては楽しいバイトなのではないでしょうか?

 

あわせて読みたい記事

宿題をやりたくない人がやる意味とは?学校の宿題はなんのためにやるのか?

学校の宿題ってなんのためにやるのか?宿題をやる意味とは何なのか?そんなことを考えている人は多くいると思います。大学生になっても宿題ってあると思うんですよ。社会人になっても残業という形で、宿題に似た状況は生じているような気がします。つまり、宿題って子供も大人もみんなすごい身近にある存在だと思うのです。でも、宿題をやることの意味って何なんでしょうね?宿題はやらないといけないものとして存在し、みんなそれに従っています。その宿題とやらにメリットがあるのか?という考察はほとんど行われません。やらないといけないものだからやるという認識の人が多いのではないでしょうか?ここでは会社の残業というものは除きますが、なぜ宿題をやらないといけないのか?宿題をやる意味とは何なのか?について考えてみたいと思います。以前、ある著書でイチロー選手が学校で出された宿題をやる意味について語っていたことがあります。要約すると、彼は社会で生きているいずれやりたくないものをやらないといけないときがくる。その時の練習に備えて宿題をやる意味はある。という内容だったと思います。それがイチロー選手なりの宿題はなんのためにやるのか?に対する回答と言えるでしょう。

 

会社に入ればやりたくない仕事を任されて、それを全うしないといけない。そういう光景は確かにあるでしょうね。そういう状況に備えて、子供の頃から宿題を通じてやりたくないものもやっておくというのは、イチロー選手のような見方もできるかもしれない。しかし、私の意見はちょっと違います。私は宿題をやるべきか?そうじゃないか?については、結局合理的な判断がなされているか?がポイントだと思うのです。イチロー選手はやりたくないことをやらないといけない事態に備えての練習という点に宿題をやる意味を見出しているようですから、基本的に宿題はやった方が良いという認識なのでしょう。しかし、私は宿題はやらなくても良いケースが存在していると思います。それは合理的な判断のうえで、宿題をやる意味を感じられないときです。分かりやすい例を挙げるならば、宿題をやればお小遣いが貰えるというケースでは、如実に宿題をやるメリットがあります。こういうケースならやる意味はあります。しかし、例えば宿題をやらないとしても、親や教師は誰も怒らないし、成績にも影響がないという状況があったとしたら、その状況で宿題をやりたくない子があえてやるメリットはあるでしょうか?逆に言うと、宿題をやらないデメリットはあるでしょうか?私はないと思います。勉強したいって子や知識を深めたい子はやれば良いんだけど、特別そういう気持ちがない子にとって、宿題をやる直接的なメリットは存在しないのです。

 

しかし、現実的には教師や親に怒られないというメリットが存在しているはずです。だから、宿題をやる意味は一応ある。でも、それは宿題をやるということから直接生じるメリットではないのです。与えられたタスクをやるということに関してのメリットであって、宿題をやらないといけない必要性にはならないからです。イチロー選手の言う宿題をやる意味についても、会社をクビにならない、上司に怒られないというメリットがあるという解釈になるでしょう。つまり、メリットが存在しているからこそ宿題をやる意味があるということになるわけです。つまり、私が言いたいのは宿題をやる本人において直接的であれ、間接的であれ、メリットが存在していると考えたなら、その人にとって宿題をやる意味はある。しかし、親や教師に怒られても良い、成績が下がっても良いって子がいて、その子が宿題をやりたくないという状況ならば、宿題をやる意味は直接的であれ、間接的であればほとんど存在しないことになると思います。そうなると、そういう合理的な判断をしたうえで宿題をやる、やらないを考えているか?がそもそも重要になるということなのです。

 

ここで1番に問題になるのは合理的な判断をしないで下した決断になります。面倒くさいから宿題をやらないって子がいますね。その子は面倒くさいという感情的な判断によって宿題をやらないという決断をしてしまっているので、合理的な判断ではないという意味では、その子にとって宿題をやる意味があるのか?ないのか?全く分からないという状況になってしまっています。このケースでは、客観的に見て宿題をやらないという選択が正しいということにはならないでしょう。しかし、宿題を嫌々やっても頭に残らないし、そんな状況で宿題を無理矢理やらせようとしている教師や親が怒ってきても、その説教には正当性がないから無視すれば良い、成績が悪くても進学できるみたいに合理的に考えたうえで宿題を拒否する子がいれば、非常に合理的な選択をしているとなると思います。つまり、この子にとっては宿題をやるメリットがないのでやらなくても良いのではないか?と思います。こんなことまで考えられる子供はそうはいないでしょうけど。

 

イチロー選手が言っているように、将来訪れる場面に備えた練習という意味合いも宿題をやることのメリットにならないわけではないだろうけど、子供の頃からそういう練習をしていない人が、大人になって会社で働き始めたときに上司から任されるやりたくない仕事内容を全うできないか?というと、それもないんじゃないか?と思うんですよね。そういう事態があるとすれば、それは先ほど言ったような面倒くさいから宿題をやらないという子だけだと思うのです。子供の頃から面倒くさいから宿題をやってこなかった人は、大人になっても仕事を面倒と感じてやりたくないものはやらないかもしれない。という発想は成り立つ気がするのです。このタイプの人は「面倒くさがりな人間」という言い方ができなくはないからです。しかし、宿題をやらないという理由が合理的な判断によってならば、幼い頃から宿題をやらないとしても、大人になったときにやりたくない仕事をやらないという発想は成り立たない気がします。というのも、この人は宿題を面倒だから拒否してきたわけではないので、面倒くさがり屋という人間とは言えないからです。合理的な判断で宿題を拒否してきた人は、宿題をやることの意味を見出せなかったからやらないのであって、仕事に意味を見出せるならばやるでしょうから。仕事をしている時点で、働かないと生きていけないという環境下にいるはずですから、クビにならないということがやりたくない仕事をやるという最大のメリットになるはずです。宿題をやる意味というのは、宿題はなんのためにやるのか?という考察から生じるもので、人それぞれが感じ方の違う性質のものでしょうけど、宿題はやった方が良いのか?やらなくても良いのか?に対する私の回答は、その人が合理的に判断したうえで決まる。ということになります。ネットで調べたら「子どもに宿題をさせると悪影響しかないことが明らかに - GIGAZINE」みたいな研究結果を載せた記事も出てくるので、無理矢理やらせても子供にとって意味のある状況を生じさせるのは難しいかもしれないですね。宿題をやる意味はいろいろあるかもしれませんが、上記の記事によると学力向上という点について言えばほとんど実現していないみたいです。

 

あわせて読みたい記事

奨学金を返せない若者はどうなる?給付型奨学金は反対やデメリットもある?

給付型奨学金の数をもっと増やすべきか?という話題がすでに出ています。奨学金を返せない大学生などが多くいて、中には中退をしたり、卒業はしたが返済ができずに自己破産をしたりという人が多くいるようなのです。そういった状況を受けて給付型奨学金の数を増やすべきではないか?という意見が出ています。給付型奨学金は返済義務がない性質の奨学金なので、学生からしたらリスクがないわけで、そういったものを増やしてほしいというのはあるでしょう。ただ、給付型奨学金には反対の声もあります。どれだけあるのか?は分かりませんが、国が創設するということであれば、財源は税金だろうし、そこで反対の声が出てくるのはなんとなく予想ができます。現状、学歴を得るということが一種の社会的なインフラになっている側面はあるわけです。大学の場合はともかく、高校を出ていない人は中卒になってしまうので、いろいろな面で不利になるkとが予想されます。就職も厳しい可能性がありますし、そういう現状を見ると、学校に通うことが、まともな人生を送るためのインフラに近い状態になってしまっているのです。そこで真面目に勉強をするか?しないか?もはや関係なく、どの学校を卒業しているか?学歴はどの程度か?で人を判断する側面がどうしてもあるので、大学や高校にy奨学金を借りてまで行く人が出てくるのは頷ける話ではあると思うのです。

 

しかし、炎上騒ぎにもなった上西議員がツイートしたように、大学に行けば幸せになれるとかそういう話でもない。というのもまた事実だと思います。大学に行って就職ができるか?というと、そうとも限りません。そもそも大学に行く理由が就職のためとは限りませんけど、就職で有利になるからというのが少なからず理由の一部になっている人はいると思います。でも、大学に行った方が就職に有利になるのは本当でしょうか?イメージだけそう思っている人がいると思うのです。単純な就職率を比べると高卒の方が高いです。それは4歳若いからというのも原因としてあると思います。大卒の方が給料が高いですし、それだけ能力が高い人、将来性が期待できる人といったハードルが上がってしまうのです。4つ歳をとっている分、高卒にはないようなものを持っている人じゃないと大卒では採用されない傾向というのもあります。だから、大卒で就職できなかった人の中で、高卒なら就職できたのに・・・という人がいると思うのです。だから、上西議員が言っていたことも完全に間違いとも思えないのです。奨学金を返せない理由が給付型ではないからということで、給付型の奨学金をいつから導入するのか?という待望論はすでにあります。

 

しかし、そもそも奨学金を返せない理由が給付型でないということならば、給付型を導入したとしても、問題の根本的解決にはならないでしょう。というのも、給付型奨学金をいつからか?分からないけど仮に導入したとしても、その制度を受けられる人数は限りがあるので、依然として返済義務のある奨学金を利用しないといけない人は大勢残ってしまうと思うんですよね。だから、問題の根本的解決にはならないという意味では給付型奨学金を導入するメリットがどこまであると言えるか?は微妙です。それに反対する人がどれだけいるか?にもよると思います。私の意見としては、結局学歴が社会の中のインフラのような状態になってしまっている現状を改めることの方がよっぽど重要だと思います。つまり、学歴なんか一切関係ないという社会があれば、大学に進学する人は間違いなく減るでしょう。それこそ高校に進学する人も減るんじゃないか?と思います。学歴がないことの1番の問題点は仕事や収入に関してでしょう。つまり、そこがネックになるから学歴つけておかないとマズイよね。という認識に多くがなるのではないでしょうか?だから、結果的に奨学金を借りてまで大学や高校に行くという人が増えて、結果として奨学金を返済できない若者が増えるのです。

 

奨学金を返せないとどうなるのか?というと、大学中退という可能性もありますし、卒業できても自己破産をしないといけないという事態になる可能性もあります。奨学金を返せない若者が増えている現状には、貧困層が増えているという理由もあるかもしれないですが、そもそもそこまでして学歴を手に入れないと困る社会の存在が根本的にあるわけです。給付型の奨学金はやはりデメリットとして財源負担の問題と国民世論の問題がありそうです。これはデメリットというよりは導入の障壁でしょうか?給付型奨学金の導入はいつからなのか?と待ち望んでいる人は多くいると思いますけど、あまり現実味がなさそうな案な気がします。だから、学校に通わないと困る人が学校に不自由なく通えるようにするのではなくて、学校に通わなくてもまともな人生を送れるような社会にする方がよっぽど建設的だと思います。趣味や教養のために、勉強したいという理由で大学に進学する場合には、それは自己負担で、自己責任と言えるような社会があれば、そもそも奨学金の問題はここまで大きくならなかったでしょう。

 

現状は学校に通えないと困る社会が存在しているので、奨学金を返せない若者は自己責任だ言えないと思うのです。だから、高いバッグが欲しいの!と同じ感覚で、高い授業料を払って学校に行きたいの!と言えるような社会があれば、学校に行く、行かないはそれぞれの自由になりますから、そういう社会作りが理想なんじゃないでしょうか?奨学金を返せない理由や若者の実態が明らかになってきたことで、その根本的な部分に気付けるチャンスだと思うんですよね。奨学金を返せないとどうなるか?の想像ができても、そのリスクを背負わないといけないと思わせる社会がある限りは、この問題は永遠に解決しないと思います。社会保障を充実させることが今声高に叫ばれている面もあります。これからの将来を踏まえて話題になっているベーシックインカムがありますが、これが仮にあれば就職のことを考えて、奨学金を借りてまで学校に通うという選択をする人は減るでしょう。それは学歴を得られなくてもとりあえず生きるのに困らないからです。そういう社会を模索する方が私は長期的に見て望ましい社会を作ることができると思います。

 

あわせて読みたい記事

サークルの新歓では出費や費用はどのくらい?お金がかかる場合も無料の場合もある

大学に入るとサークルにも入る時期にもなりますけど、大学のサークルではまず新歓がありますから、それに出るという人も多くいるでしょう。サークルの新歓ではいろいろなことが気になると思いますが、出費はどれくらいあるのか?というのも気になるでしょう。大学のサークルでは加入後もいろいろな機会で費用がかかると思いますけど、新歓の時点でも費用は発生してしまいます。それがどれくらいかかるのか?ちゃんと払えるのか?財布にいくらくらい入れていけば良いのか?はそれぞれのサークルで違いますけど、よほど高い金額を請求されることはまずないでしょう。サークルの新歓の場合にはチラシとかを貰っている場合には、そこにサークルの新歓のお知らせも入っているのではないか?と思いますし、そこにいくらくらいかかりそうか?の目安なども書かれていると思います。したがって、まずはそういう情報を参考にするのが良いと思いますけど、書いていない場合も考えられます。そうなるとどうしようもありません。事前に聞けるならば聞いておくと良いと思いますけど、それもできないとなれば、余裕を持ってお金を用意しておくというのも良いでしょう。

 

私もサークルの新歓には参加しましたが、どれくらい持って行ったかな?当時はバイトもしてませんでしたし、全然お金はなかったと思いますけど、3000円くらいは財布の中にあったんじゃないかな?私が参加したサークルの新歓の費用は居酒屋で1000円で食べ放題、飲み放題とかだった気がします。このサークルの新歓の費用は割と平均くらいかな?という気がしていますけど、どうなんでしょうか?もっとかかるところもあると思いますけど、普通くらいじゃないでしょうか?中には無料というケースもあるみたいです。新入生からはお金をとらないというサークルもあるようですが、それは考えようによってはあまりお得ではないです。というのも、サークルの新歓で無料のところは上級生がそれだけ多く負担しているので、そのサークルに入れば、来年度以降は自分が多く負担しないといけないということになるので、サークルの新歓で出費がいくらかかるか?というのは、そのサークルに入る前提で言えばあまり気にしてもしょうがないのかもしれません。サークルの新歓ではお金がかからないところは良心的とも思えるかもしれませんが、それは新入生に対してだけということで、4年間トータルするとあまりお得の度合いは関係ないのではないか?と思えてくるのです。

 

サークルの新歓では具体的にお金はいくら持って行けば良いのか?というと、一般的なサークルの新歓であればお金をとるケースでもそんなに多くはとらないでしょう。やはり1000円くらいが多いのではないか?と思いますし、新入生はバイトしていない人も多くいて、お金がそこまで余裕がない人が多いというのは知っているでしょうから、3000円くらいあればとりあえず大丈夫ではないか?と思いますが、例外もあるかもしれませんから、持っていけるだけ持って行った方が良いとも言えるのではないでしょうか?最大で5000円あればなんとかなると思います。そこまで請求されるサークルの新歓というのもまずないと思いますが、全国各地に大学があって、それぞれの大学の中にたくさんのサークルがあると思うので、予想外のサークルの新歓がある可能性がありますから。サークルの新歓の費用は無料のところから、高いと感じるところまでいろいろなケースが考えられると思うので、余裕を持って準備しておきたいですね。でも、たいていのサークルは費用に関しては事前に告知してくれていると思います。ホームページやチラシなどに。ただ、私が経験したみたいに定額というケースもあれば、そうじゃないケースももしかしたらあるかもしれません。

 

私が参加したサークルの新歓では1000円という風に決まっていましたが、サークrによってはサークルの新歓の出費がいくらか?というのは人によって違うみたいなことも考えられるかもしれません。というのも、例えば食べ放題、飲み放題とかではなくて、各自が注文する場合にはそれぞれで費用が異なる可能性があります。それに食べ放題、飲み放題でも、個別に注文したりして別途お金がかかることもあるかもしれません。さらに言うと、これまでの話は居酒屋などの飲食店でサークルの新歓が開かれる前提の話ですけど、それ以外のケースもあると思うので、そうなるとサークルの新歓の費用はいくらか?という相場もちょっと変わってくる可能性があります。でも、居酒屋以外だとお金がかからない形で開かれることも多いのではないか?と思いますけどね。サークルの新歓では費用はいくらかかるのか?についてはおおよその予想しかできませんから、どうしても心配な人はやはりちゃんと確認をしておくのが良いと思います。新歓でお金をとるサークルはあまりよくないんじゃないか?と思われる人もいるかもしれませんが、お金は一定金額とるところが多いと思います。それにお金をとらないところは上級生になったときに自分の負担が増えるだけなので一緒だと思うので、そこはあまり気にしないで良いのではないでしょうか?サークルの新歓では出費はそれなりにあると思いますけど、楽しむことが1番重要だと思うので、せっかくの機会を有意義に過ごしてみてほしいと思います。

 

あわせて読みたい記事

キャノンの就職の倍率や難易度は?平均年収や離職率の評判は?激務で忙しい、残業が多い可能性もある

デジカメやプリンターなどで有名なキャノンへ就職したい人はやはり非常に厳しいということは知っておくべきでしょう。キャノンの就職の難易度は相当高いと思われますから。倍率は178倍というデータがあるようです。キャノンは学歴や大学名が結構重要なのではないか?と思われます。私が聞いた話ですけど、キャノンは大学別で会社説明会を開催している(いた?)みたいな噂を聞いたことがあるのです。これの詳細は「露骨な学歴差別なのか キヤノンの大学別新卒説明会 - ライブドアニュース」に載っているのでチェックしてみてください。ここでも一部を引用しておきます。

 

>たとえば、11年7月28日11時の東京開催の説明会は、東大、東京外語大、横浜国立大、早大、慶大、上智大の学生限定。翌29日の東京会場は10時と11時の回が、それぞれ早大、慶大、明大、青学大、立教大、中央大の学生が対象だ。

大学名のない学生は、「事務系」とだけ記されたフリーの予約枠に応募するしかない。29日の東京会場は、13時と14時の回はフリーの枠となっているが、受付画面の画像を見たところすでに「満席」。これ以外の、指定大学別の枠はまだ余裕があるようで、フリーの枠に予約が殺到したことが分かる。

新卒の採用活動は、学生が企業のHPにアクセスして自分の名前と大学を登録、企業から学生あてに説明会の日程がメールで届く、というのが一般的。その場合、個別の大学ごとに説明会が開かれるのは決して珍しくない。いわゆる会社主催の「OB訪問会」だが、他大学の学生には日程がわからないようになっている。今回のようにすべての学生に、ほかの大学の「枠」をはっきりと見せるケースはまれだ。

画面を見たネットユーザーからは、「学歴フィルター露骨すぎるwww」「学歴差別は当たり前だが、こういう露骨なことしたらイメージダウンひどいだろ」などの声が上がっている。「なんで千葉大や筑波大がないんだ」といった自分の大学名がない学生からの不満も出ている。 その一方で、大学別に選抜することは当たり前で、「自分が対象じゃないことが分かるし、こっちのほうが親切だ」「学歴差別を隠している企業に比べたら好感を持てる」といった意見もある。

(中略)

キヤノンの担当者に聞くと、これはあくまで「説明会」であり、「選考会」ではない。定期採用は1か月ほど前にひと通り終わっているが、震災の影響で活動に支障も出た学生も多いため、夏期採用は、東北地方の学生をはじめ、「できるだけ多くの学生に参加していただきたい」という位置づけだ。

そのうえで、就職活動に苦しむ学生からの「出身校のOB・OGに話を聞く機会が欲しい」という要望を取り入れ、今回のように大学ごとの説明会を特別に開くことにした。説明会はその大学のOB・OG社員が参加するもので、枠は応募者とOB・OGが多い大学ごとに設けたという。

 

こういった公開型の学歴フィルターは珍しいですが、それをキャノンが今もやっているか?どうかは定かではありません。しかし、キャノンの就職では学歴や大学名が重要になる可能性を示唆する過去の出来事だったと言えるのではないでしょうか?ここはキャノンに就職する際の難易度を表した1つの基準になるかもしれないですね。しかし、採用担当は学歴はあまり関係ないと答えているようです。それが本心なのか?どうかは分かりませんけど。キャノンは過去にこういったニュースで話題になったことがあったのです。でも、キャノンは学歴や大学名が優れていないとダメなのか?というとそうではないようなので、あまり気にしない方が良いのかもしれないです。キャノンに就職するにはかなり高い倍率を突破しないといけないので、どっちにしろ難しいです。キャノンは就職したいと思っても難易度は相当高いと思いますけど、問題なのはキャノンに就職した人たちの評判でしょう。口コミなどを見ておいて、それから応募した方が良いと思います。キャノンに就職するときの見ておきたい評判としては年収があるでしょうか?キャノンの平均年収は高いか?というと、750~800万円くらいみたいです。世の中の平均と比べたらかなり高いですね。キャノンの平均年収は大企業ということで、それなりの金額にはなっているようです。そして、離職率はどうなっているのか?というと、これは1.7%という数字が出ています。キャノンの離職率は低いですけど、この数字をどこまで真に受けていいか?は分かりません。離職率が低いからといって良い企業、働きやすい企業か?どうかは分からないからです。

 

しかし、キャノンに就職するときには離職率のデータは重要なので、数字くらいは知っておくと良いでしょう。キャノンへの就職は倍率も高いですし、難易度もかなりあると思いますけど、評判についても細かく知っておいた方が良いですね。それ以外のキャノンの就職に関する評判では、残業が多いというのがあるみたいです。これはしょうがないでしょう。どの企業にも共通だと思います。キャノンの場合には激務までいくか?どうかは分かりませんが、忙しいというのは覚悟しておかないといけないでしょう。日本の場合には中小企業、大企業関係なく、どこも忙しいです。キャノンにおいても就職すると忙しい可能性はかなりあるということです。ただ、1つ気になるのはキャノンの就職における口コミで古い体質が維持されたままとか、新規事業が育っていないというものがあるのです。大企業で安定はしているものの、東芝とかの問題もありますから、大企業であってもうかうかしてられません。そして、言われてみればキャノンというのは一定の製品のイメージがついてしまっているのか?デジカメやプリンターあたりがかなり有名ですよね。逆に言うと、それ以外の製品のイメージが沸かない人もいるかもしれません。そこがキャノンの就職の評判での新規事業が育っていないという部分になるのではないでしょうか?キャノンに就職しても将来性がどうなのか?大丈夫なのか?という問題があるのかもしれません。

 

キャノンの就職の評判は自分でも詳しくチェックしておいてほしいと思います。平均年収が高いとか、安定しているとか、そういう良い口コミもありますけど、キャノンは将来性は大丈夫なのか?といった部分も懸念材料としてはあるかもしれません。また、キャノンに就職すると激務までいくか?どうかは分からないですけど、仕事はきついと思った方が良いでしょう。どういう部署で働くか?担当は何になるのか?にもよりますが、そこも細かく調べておくと良いと思います。でも、就職して激務になるのはキャノンだけではないのでしょうがない気もしますけどね。キャノンでは仕事は忙しいという可能性も十分ありますし、残業が多いという口コミもありますけど、社会人としてはどうしようもない部分ではないでしょうか?キャノンに就職したい人は難易度の高い選考をくぐりぬけていかないといけませんが、キャノンに就職するにはかなり難しいので、相当企業研究などをしないといけないと思います。キャノンの就職の倍率などのデータもそうですが、離職率や平均年収のデータ、そして社内の人間の評判は応募する前に確実にチェックして、問題ないと思ったらエントリーをしていくと良いのではないか?と思います。

 

あわせて読みたい記事

大学のゼミをとらない、卒論を書かないことでメリット、デメリットはどういうものがある?

卒論を書かないで卒業する大学生はどれくらいいるのでしょうか?大学生=卒論を書くというのは当たり前に思っているかもしれないですけど、卒論を書かないで卒業する大学生はそれなりにいると思います。具体的に何割とかはちょっと分からないですけど、ゼミをとらない大学生も増えていると思うので、必然的に卒論を書かないで卒業する大学生も多くいると思います。ちなみに私も卒論を書かないで卒業した1人です。私は2年生のときにゼミに入る気でいました。しかし、私の大学学部ではゼミは必修ではありませんし、定員があって在学生の7割くらいしか入れないため、物理的にゼミをとりたくてもとれない学生がいるのです。そして、私の大学学部ではゼミに入るためには成績や面接などの審査を経て合格しないといけなかったのですが、私は2回落ちました。3回受けられるみたいですけど、私はそこでゼミに入ろうとするのをやめました。ゼミには当初は入ろうと思っていたけど、その理由は周りがみんな入ろうとしているし、ゼミは大学生ならばみんな入るんだろうという周りに流されて入ろうとしていただけであり、私自身がゼミに入らないといけない必要性を感じていたわけではなかったのです。

 

したがって、卒論も書きたかったわけではなかったので、卒論を書かないで卒業したことについては何も思っていません。卒論を書かないで卒業することのメリットやデメリットは何なのか?というのを大学生の中には考えている人もいるかもしれません。ネットで調べてみると、卒論を書いてよかったことや卒論を書くことのメリットなどは情報があるけど、卒論を書かないで良かったこと、卒論を書かないことのメリットの情報ってあまりないと思うので、私がその貴重な意見をここで述べたいと思います。私自身が卒論を書かないで卒業したことのメリットとして感じた部分としては、卒業できないことへのプレッシャーが少なかったことでしょうか?これは大学による部分かもしれないですけど、卒論をとってしまうとそれが必修の単位になるケースも多くある気がします。つまり、卒業に必要な単位数を満たしていても、卒論が書けないと卒業ができないのです。就職活動で内定を貰っている人は卒論を書いていなければ卒業できて就職できたのに、卒論を書いていたから卒業できないで就職できないみたいな状況が発生する可能性があります。

 

あとは卒論の作業量にかなり時間がとられる可能性があるということです。卒論を実際に書いていない私が言うのもなんですけど、卒論を書き上げるまでの時間って相当かかると思います。で、すでに話したように、卒論は必修単位になってしまうこともあるため、卒論をまず書き上げないと卒業ができないとなれば、どうしても大学での勉強は卒論が中心になりますよね。そうなると、それ以外の授業の勉強が疎かになってしまう可能性もあり、そっちの単位がとれないなんてこともあるかもしれません。卒論以外に単位がほとんど残っていない人は良いとしてもそうじゃない人にとってはやはりリスクになるかもしれません。作業量が多いということで、疲れると思います。そういった部分が卒論を書くことのデメリットであり、裏を返せば卒論を書かないことのメリットにもなるのではないか?と私は思います。卒論を書くことのメリットもあると思いますけど、卒論を書かないことのメリットもあると思います。卒論を書いたからといって、何かがどう変わるわけではないと思いますけどね。本人の自己満足や卒業するために仕方なく・・・という気持ちの問題も大きい気がします。

 

就職活動で卒論を書いてないと不利になるのか?影響はあるのか?と気になっている人もいるかもしれませんが、卒論を書かないでことで就活において不利になることは考えづらいです。卒論を書いていると、卒論が就活のネタになるということはありますけど、それ以外にもネタがあるのであればそれは卒論である必要性がないので、不利になるわけではありません。エントリーシートに卒論の欄や研究テーマの欄があるというケースもありますけど、卒論を書いていないのであれば、正直に書けば良いだけだと思いますよ。それで不利になるとは思えないのです。就活で卒論を書いていないことで影響があるか?というと、あまり想像しづらいです。卒論をなぜ書かなかったのか?と面接で聞かれる可能性も0ではないですが、あまり多くはないと思います。だから、私のかんがえでは卒論を書かないことがデメリットとして働くことは0ではないにしろ、それは卒論を書くことのデメリットで相殺されるレベルなのではないか?と思います。ゼミをとらないことにもメリットとデメリットはあると思いますから、そこから考えてみても良いかもしれません。ゼミをとらないメリットというのも、卒論を書かないことのメリットに似ている気もしますけどね。ゼミをとらないで卒論を書かないで卒業する人はどれくらいいるんですかね?ちょっと分からないですけど、そういう人は昔と比べたら増えてきているのではないでしょうか?

 

あわせて読みたい記事